興福寺で阿修羅像を見る

なんかおっかけみたいになっているが、また阿修羅像を見てしまった。

奈良に来てしまったら、お会いしないとしょうがないよね!

f:id:nimben:20170514100111j:plain

しかし、興福寺国宝館は耐震工事のため休館! しかしっ!

 

阿修羅天平乾漆群像展

仮講堂に、(個人的な理解では京都の東寺の立体曼荼羅のように)群像として展示されているのだ。前期が2017年3月15日から6月18日まで。後期が同年9月15日から11月19日まで。

真ん中に、阿弥陀如来像。

四隅に四天王(四天王は前期のみ展示)

阿弥陀さまの左右内側に左が帝釈天像、右が梵天像。左右外側に、左が金剛力士像(吽形)、右に同阿形。

阿弥陀さまの前に、中央に華原磬(かげんけい)。左右に龍燈鬼、天燈鬼(前期のみ)

左右前方に、十大弟子のうち現存する6体と、阿修羅を含む八部衆

東金堂よりもゆったりと見ることができる。

正直、博物館とは異なり、柱の関係でどの位置からでも綺麗に見える、というものではないのだが、それがまた良い。

阿弥陀さまの真正面に窓があり、そこから光が入り込む。全体にはもちろん光は回らないのだが、そのぶん暗さの中で荘厳な美しさが浮かび上がる。「陰翳礼讃」というほどには暗くはないが。

阿修羅像は、2009年の東京国立博物館や同年の九州国立博物館での展示のように、主役としてたっているわけではない。あくまでも八部衆の一人としてご本尊である阿弥陀如来像を支える感じが良い。

暗い系の壁に、落ち着いた金の阿弥陀如来像と赤めの像が揃ったので、ちょっと背景に溶けるところを除けば、いくらでも見続けられる感じだった。

後で御朱印をいただいていたのだが、その時に9月の東京国立博物館の運慶展に10体くらい行くみたいなお話を聞いた。後期に出展がない四天王と華原磬、龍燈鬼、天燈鬼は東京にお越し願うのかもしれない。

 

中金堂は建築中。東金堂から撮影。「中金堂再建勧進所」が見えるが、御朱印はここでいただいた。右に見切れているテントが、仮講堂のチケット発売所。

f:id:nimben:20170514095159j:plain

ここで奈良国立博物館のなら仏像館で学んだ知識でレビューして見る。

興福寺仮講堂の展示をグループ分割すると

という感じになり、阿弥陀様一強である。

菩薩、明王もないというのは、ちょっと驚いた。

そして、後出しの衝撃の事実は、毘沙門天多聞天が同じものを指すということ。不明を恥じるばかりである。

東金堂の薬師如来

f:id:nimben:20170514095629j:plain

この手の展示は、東金堂がお手の物。

本尊の薬師如来像、日光・月光菩薩像 (この三体セットは落ち着く)

文殊菩薩像と維摩居士像 (文殊はいるが、普賢はいないのね)

四天王像と十二神将

参拝するにあたって道が狭いのが玉に瑕。

十二神将があると、自分の干支の人はどこかなと探してしまいますね。

 

国宝の五重塔を始め、見るものがたくさんあるので、ゆるゆると散歩しながら(鹿と戯れながら)楽しむのが良いですね。

その他雑感

興福寺のホームページはこちら。右クリックはできませんが、画像など豊富に揃っているので、予習や復習にどうぞ。

www.kohfukuji.com

しかしまあ、今回も日本人が半分で、外国人が半分くらいな感じでした。世界的な観光地になったんだなあという感じ。外国語対応は難しいかもしれないけれど、じっくり腰を据えて進めてほしいです。

 

(追記)

いつまで掲示されているかどうかわかりませんが、NHK日美旅で仏像たちの設置の様子が放送されたようです

www.nhk.or.jp

 

 

緑豊かな春日大社で癒される

空気感が伊勢神宮にとても近く、巨木原始林が醸し出す神域の濃さにノックアウトされた

 

水谷神社ルートで御本殿へ

東大寺経由で春日大社に行ったため、一の鳥居からという王道ではない入り方をした。

若草山>水谷神社>一言主神社>総宮神社>桂昌殿>御本殿の順である。

世界遺産 春日大社 公式ホームページ/境内のご案内/御本殿から水谷神社

若草山からコンクリートの階段を降りてくると、一本の道路に出会う。

道路を渡り、橋を渡ったところから、春日大社の敷地だ。入った途端に、何かある、という気持ちになる。

伊勢の外宮の敷地に入った時にも感じたあの感覚。原始林による森林浴効果という人もいるだろうし、神の存在と捉える人もいるだろう。そういう強烈な場である。

最初の摂社は水谷神社。みず「たに」ではなく、みず「や」と読む。

境内からイブキの巨木が生えている。高さ12.5m、直径6.55m。外側はイブキなのだが、内がうろになっており、うろの部分からスギが生えている。圧倒的な大きさで、巨木ラバーの私としては、手をかざしてハグをするのである。

f:id:nimben:20170513143230j:plain

雨を吸って生き生きとしている苔と新緑が魅力的。

色々体の不調があるので、病気平癒を願う。ここはもともと牛頭天王を祀ってある神社なのだ。

f:id:nimben:20170513143307j:plain

階段を上って道なりに右に曲がるったところ。左右に奉納された灯篭がある。いずれも苔むしており、長い年月を感じる。左の林は神域なので、人の手が入っていない原始林である。

そこから一言主神社、総宮神社、桂昌殿、酒殿・竃殿をへて、西回廊から慶賀門をへて、御本殿へとお参りする。参道ではずっと、なんかやばい、なんか穢れが落ちていく感じとかなんとかつぶやいていた気がする。

御本殿と特別参拝

世界遺産 春日大社 公式ホームページ/境内のご案内/御本殿(回廊内)

知らなかったのだが、慶賀門は、古来の正式な参入門だそうだ。というのも、ここからは御蓋山を真正面に見て本殿に入ることになるから。ひゃー、そのような流れに乗っている感じですね。

残念ながら藤の季節はほぼ終わっており、中庭にある砂ずりの藤と言われる藤棚は、もうほとんど散りかけていた。絵馬は神鹿にちなんでの鹿の顔の形をしているのがかわゆい。

式年造替が終わった後の特別拝観が可能で、御廊から中に入っていく。塗りたての朱色が美しい。

f:id:nimben:20170513151339j:plain

年始の春日大社展で予習済みだ。

 

nimben.hatenablog.com

 階段を上ると、結婚式をやっていた。めでたい。こういうところで結婚式って素直に羨ましい。

直江兼続が奉納した燈篭など脇目で見つつ、御廊を進む。影向門から一旦外に出て、東回廊から、御蓋山浮雲峰遥拝所へ。

御蓋山は、鹿島神宮からわざわざ武甕槌命様にお越しいただいた場所で、御神体である。白鹿に乗っていらしたので、鹿は神鹿であるし、建物は御蓋山を削らずに建っている。

遥拝所から御蓋山を見ると、御神域なので、原始林以外のなにも見えない。個人的には三輪神社に馴染みがあるので、山自体が御神体という発想には慣れている。そこに大きな仏像や十字架やメッカへの方向を示すくぼみがあるわけでもなく、という場所からお参りするというのは、宗教観的に理解できるのかどうかわからないが、たくさんの外国人観光客とともにお参りする。

逆ルートを通って、今度は中門を越えて、後殿参拝所から本殿にお参り。中門のところからじっくり見たかったが、結婚式だったので、もちろんそちらを優先してもらう。

本殿は、中には入れないのだが、春日大社展で予習してあるので、あれだあれがそこにあるのか、と思いながらお参り。

近くの摂社の八雷神社は電気関係の会社がスポンサーされていて、さすがという感じ。

万燈篭再現を藤浪之屋でやっていて、真っ暗な中に灯っている燈篭を見るのはちょっと怖いけれど美しかった。春日大社展で見たやつもこの中にあるのかしらね。

灯篭は経年変化で薄い緑色から真っ黒まで色々あって、その色々に、それぞれの願い事があるんだなあと思うと、祈るという行為に時代などないという感じをもつ。

若宮十五社参り

南門を出て、紀伊神社へ。若宮十五社参り。

世界遺産 春日大社 公式ホームページ/境内のご案内/若宮15社めぐり

本来は、夫婦大國社で受付が必要なのだが、それはしていないので、正式なお参りではないのですが。

御蓋山の奥の方を巡るので、空気の濃いところをずっと回る感じ。足元はちょっと緩いので、スニーカーがいいです。

ここから本殿に戻り、二の鳥居におり、馬止橋から東大寺ミュージアムへと、下界に降りていく感じ。

一の鳥居からの正規ルート

世界遺産 春日大社 公式ホームページ/境内のご案内/一之鳥居から御本殿

翌朝、一ノ鳥居から、伏鹿手水所>祓戸神社>二の鳥居>御本殿のルートでお参り。

前日は雨模様だったが、一転して晴れ。これはこれでまた違う感じのお顔を拝見した感じ。何度でも訪れたい心地よさがありました。

f:id:nimben:20170514103513j:plain

多分この鹿もまた来いよと言っている。

 

 

 

 

東大寺で仏像を見上げる

博物館で快慶を見たら、その足で東大寺南大門にいき、仁王像を見るのだ。途中で鹿のフンを踏んだり、人力車に「リムジン乗りませんか」と声をかけられるが、そんなものは気にしない。

 

東大寺南大門金剛力士

f:id:nimben:20170513165142j:plain

お昼に行った時は、網が邪魔をしてうまく映らなかったのだ。夕刻にライトアップされると、いけるぞ!

仏敵が中には入れないように守る、通称仁王、正式名金剛力士。阿吽の二躯とも国宝である。運慶快慶というか慶派として作成したらしいが詳細はまだわかっていないようだ。学術的なところは置いておいて、この堂々たる力強さをみよ! という外連味が素晴らしい。この8.4mの木造像は、1203年にたった69日で作られたらしい。東大寺の建立が752年なので、約4.5世紀たって金剛力士像ができたことになる。そこからさらに8世紀たっているので、いやはや時の流れは速い。

快慶といえば九尺阿弥陀だと思っていたら無位時代の色々やっているところに戻って、いやあこの力強さはこれはこれで素晴らしいとまたループに入る。この辺りの謎解きは秋の運慶展に期待したい。

ここまできたら、本殿にお参りである。盧舎那仏見ませんと。

中門をくぐって右を見ると、木造の屋根のゆったりとしたRが美しい。

 

f:id:nimben:20170513130111j:plain

東大寺大仏殿

f:id:nimben:20170513130644j:plain

見上げるお姿。

盧舎那仏、虚空観音、如意輪観音の三位一体。

修学旅行の時に参拝しているとはいえ、素晴らしい。大きいものはそれだけで十分すごいものと感じてしまうのは古来からの人間心理なのだろうか。

聖武天皇が建立し、それは色々な物語にもなっているのだが、大きく見上げてみんながそう思わせるべき世相だったのだとすると、単純に崇高な感じでは見られなくなるが。

如意輪観音にはちょっと違和感があった。というのは通常は六臂のはずだが、こちらは二臂なので。

f:id:nimben:20170513131856j:plain

ちなみに盧舎那仏を裏側から見るとこんな感じ。

f:id:nimben:20170513131050j:plain

二月堂三月堂

三月堂の不空羂索観音や執金剛力士像などは公開時期でもないし、二月堂の十一面観音は絶対秘仏で見ることができないので、建物だけ。

f:id:nimben:20170513134132j:plain

二月堂は、思ったよりも小さかった。ここで二月にお水取りをするんだろうけど。

鹿さんが、せっせとお食事中。

ここから歩いて春日大社

手向山八幡宮

f:id:nimben:20170513140034j:plain

なーんか気になって、左を見るとかわいい灯篭が。

巨木もありそうなので、入って見る。

f:id:nimben:20170513140238j:plain

たまらない。素晴らしい巨木。

手向山八幡宮は、東大寺を建立するにあたっての守り神として、宇佐八幡宮からいらしたそうな。(調べると参拝は、一般的な二拝二拍手一拝ではなく、二拝拍手一拝なのが、八幡さまだそうな。失礼しました)

癒された後でふと見ると、

f:id:nimben:20170513141007j:plain

菅原道真公ではありませんか!

新古今和歌集「このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」を詠んだ地とされる。

ついでに見て行きなさいよ、と呼ばれた感じだ。

 

東大寺ミュージアム

東大寺総合文化センター 公式ウェブサイト/東大寺ミュージアム 企画展・特別展のご案内

千手観音をぜひご覧あれ。運慶快慶よりも前、平安時代のものだが、手が全て太い。

これの迫力は、後世の洗練されたものとはまた違う凄みがあって良い。

国宝の日光月光菩薩と共に三位一体で展示されている。

 

 

5K Retinaの威力をkindleで知る

撤回する。

雑誌を幾度かkindle for macで試し読みをして、やはり向いていないと思っていた。

そう判断していた時のiMacは1080ではあるもののretinaではない。大きさも21インチ。

今は27インチで5Kだ。

読める。読めるぞ。おしゃれ雑誌の小さい文字が。(ppsも問題だが、老眼という意味で文字サイズも大きく見えるのは大事)

 

今まではしたり顔で、やはり雑誌は紙の本だよね、電子に早すぎるという言い方をしていたが、撤回せざるを得ない。

 

↓ 21インチ1080、retinaではない時代 

nimben.hatenablog.com

 

ちなみにKIndle for Macは、Mac移行ツールではコンテンツは移動できない。

ダウンロードしたというフラグは立っているが、削除して(フラグをとって)再ダウンロードをするように促される。

ちょっと面倒。

 

奈良国立博物館『特別展 快慶』

快慶は、すごく繊細な職人肌の仏師だと感じるようになった。

私が頭の中で「運慶快慶」とごっちゃにしている最大の理由は東大寺の南大門の仁王像。しかし、ほとんどが快慶のものを集めたもので見ると、快慶の像がくっきりしてきた。今わかっている快慶作の仏像の9割が集まるって、私の一生のうちでありえるのかどうかわからないくらいレアですね。

奈良国立博物館は初訪問だったが、奈良公園の中にあって風情があって良い。緑と美術館の組み合わせはいいですね。興福寺→奈良博物館→春日大社というレイライン素晴らしい。

わざわざ行った甲斐があったというものでした。

公式サイト

www.ytv.co.jp

展示品リスト

http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2017toku/kaikei/kaikei_ichiran.pdf

 

交通と宿泊

長距離移動と宿泊

東京→(のぞみ)→京都→(近鉄特急)→近鉄奈良

奈良はいろんなホテルがあっていいのだが、一番格が高いとされる奈良ホテルは改装中ということで、今回は贅沢はやめて、ビジネスホテルに泊まる。移動にも結構お金かかるので。

近距離移動

徒歩圏内

近鉄奈良駅の近くは、興福寺奈良公園奈良国立博物館東大寺春日大社と非常に近いので便利でした。東大寺の向こう側に正倉院があるので、そこらへんまでが徒歩範疇かな。JRの方が若干遠いくらいなので、奈良近鉄駅を強烈には押さないけれど。

なお、別記事にする予定ですが、興福寺は阿修羅さんが仮講堂で動態展示じゃないな東寺立体曼荼羅的展示されているので、ぜひご覧ください。前期は6月18日まで。後期は9月15日から11月19日まで。

www.kohfukuji.com

徒歩以外はバスかレンタサイクルか、人力車

私は歩くのが好きなので全然問題なかったけれど、あんまり歩くのはなあという場合は、バスが充実しているので、調べて動くのが良さそうです。県庁の前を通ることになるため、各種バスが充実しています。今は工事中ですが、県庁の隣にバスターミナルができるので、今後はおそらくもっと充実。

晴れていればレンタサイクルいいと思います。ネタとしては人力車が東大寺南大門のそばにたくさんいるので、それを使うのも乙かもしれません。

気分の上げ方

奈良公園の脇ないし中を通って行くと、テンションが上がります。

奈良公園を歩くので、鹿さんにはたくさん出会えます。鹿せんべいを持っていなければ、特に害はない。鹿せんべいを持っているときは、気をつけないと強奪されますから、看板に書いてある注意をよく守って鹿さんと戯れてくださいませ。

 

展示

奈良国立博物館の二階と一階を使っているのだけど、思ったほどは大きくはない感じ。 イメージだけだと九州国立博物館くらいなのかしら。東京、京都よりは明らかに小さい。東京新国立美術館の草間展より若干広いくらいかな。

チケットもぎってもらって、階段を上がって二階の入り口。

どどんと、赤膚の阿吽。かあっこいい! でテンションだだ上がり。

基本的に年代順に並んでいる。

仏僧としての位を持っていない「無位」時代、それから最初の位である「法橋」、最後に「法眼」という年代順に並んでいる。

無位時代:第1章「後白河院との出会い」2章「飛躍の舞台へ 東大寺再興」

無位時代のものが一番多い。また、無位時代のものが一番バラエティもある。 

後白河法皇坐像(5)、重源上人坐像(18)などの存命の人間。

地蔵菩薩、千手観音、金剛力士、四天王など、様々な仏。

まだスタイルというほどには固まっていない印象がある。力強かったり、繊細だったり、おそらく注文に合わせて器用に彫っていったのだろうという感じ。

 無位時代の第1章2章を見た後に、これが上映される

www.youtube.com

それまで、「無位」とか言われてもなんのことかよくわからなかったのだが、ざっと年表をおさらいできて、ありがたかった。

スタイル確立後の広がりの世界

大きさとしては人と同じくらいのもの。代表的なのは三尺阿弥陀(体高約90センチ)。布を上から被せているかのような繊細さで木を削っていく。

あとは不動明王が面白かった。何か抽象的な仏というよりも、これ誰かに似ているよねと言いたくなるような人間の顔面的なリアリティがある。

最終章である、第七章:阿弥陀様の追求が面白かった。阿弥陀様の着物に第三形態まであるんですね。特にたるみをつけていない第一形態。向かって左側がちょっとたるんでいる第二形態。左も右もちょっとたるんでいる第三形態。

こんなに短い時間で阿弥陀様を見るのは多分人生初で最後だろうという感じ。

なかなかにありがたい経験でございました。

最近はやりの写真コーナーはなかったので、それはちょっと残念。でもこれは古来からの普通だからしょうがないね。

これで、秋の東京国立博物館での運慶展が楽しみだ

PS: 快慶仏検

www.ytv.co.jp

PS2: 多分一番わかりやすい、快慶を見にいく理由 by 文化庁

「快慶のすべてがわかる。仏像ファン必見の展覧会」 - 文化財のトビラ - 文化庁広報誌 ぶんかる

新マック購入

Macを買い換えることにした

なぜかというと、鈍くなってきたから。2011年産なのでさすがにちょっとという感じ。

自宅でしか使わない予定なので、iMac一択。

AV環境をネット系に変えていこうと思っているので、既存Blu-rayが見られるようにと思って、5K-iMac一択とする。

iMacはどこで買う?

ポイントはカスタマイズ

必要→アップルストア:カスタマイズできるが、定価

不要→代理店:カスタマイズできないが、ポイントがつく

正直、キーボードとスピーカーが増えるのはめんどくさかったので、アップルストアにしました。色々仕事で忙しくて全然家電系のお店に行く時間が取れない(時間と体力と精神力の全てにおいて)。あんまりこういう金で時間を買うのって頭を使わないから嫌なんだけど、今のマックののろさにはそれだけ耐えられないということです。

今回は、magic trackpad 2が使いたくて、こことメモリ増量だけカスタマイズ。

買うべき周辺機器:Blu-ray

新しいiMacには光学ドライブそもそもついていない。Blu-rayは見たいし、音楽は通常はiTunesで買えば良いと思っているので良いのだが、円盤で持っていたいものもある。移行その他が完了すれば、こちら購入予定。

ハードウェア

sakidori.co

Player -app

MacはデフォルトでBlu-rayのプレイヤーがないので別途要購入。

www.macblurayplayer.jp

移行について

移行ツール便利

移行の簡単さはさすがにMacの美点だなと感じる。windowsで言う所のレジストリレベルも持ってくるので、「ああ、またここはやり直しかあ」というめんどくささが少ない(ないとは言っていない)

移行ツールを使って、Ethernet経由で接続。

移行先になる方は起動すると、移行モードになっている。この時、移行元になっているものを自動的に探すことができる。

移行元の方は、アプリケーション>ユーティリティから移行ツールを起動し、自分を移行元だとラジオボタンで選択してあげれば良い。

あとは自動でコピーが始まる。

移行先の方が、ちょっとOSバージョンが新しいので受けられないかもという文句を言ってきた。アップデートしようとしたらできないというので、単純にskipしておいた。結果的に特に問題なかった。心臓によろしくないが、バックアップがTime Machineに残っていると思えば気楽なものである。

おそらく一番高速であろうものは、Thunderbolt。私は使っておらずこれから先も予定が見込めないので、Ethernet経由にした。

LANの同一サブネットにあれば自動検出される。うちのケーブルがそろそろ老化しているのか、速度は10Mbps程度しか出ていなかったので、これGbEで繋げれば相当早く行くんだろうなあとは思った。(誰か試してくださいませ)

が、コピーしている間ほっとけばいいというのは楽な話なので、遅さはそんなには気にならなかった。

 

だいたい八時間くらいかかった。

ブラウザ系の情報は、id/passwordなどほとんどそのまま持って言ってくれているので、とても便利。

移行ツール外での作業

手こずったのは、Kindle for Mac.

OS言語設定を英語にしていたのだが、そうするとamazon.comに登録確認をしに行くのです。amazon.co.jpに戻す方法を探したのだけど、うまく見つからなかったので、OSの言語設定を日本語にして、再起動。kindle for macを立ち上げてライブラリとシンクしに行くときに登録画面がamazon.co.jpになっているのを確認して、再登録。ちょっと面倒だった。

その他個別作業

office365 soloは、PCを登録しないと使えないので、登録作業が必要。

dropboxも新規に登録作業が必要。

iTunesも登録作業が必要。(apple IDとの紐付けとかね)

また、これは私の理由だが、以前iMacの内蔵HDDの容量が足りないため、音楽情報を外付けHDDに移していたのでこれを手動でコピーすることが必要だった。

外付けHDDも一緒にしてくれるようになったらいいのだけどね。

感想

前はretinaではなかったので、今回の5kのRetinaは美しい。文字が特に紙のごとく。

1080pあたりは、前のは全画面でないと見づらかったが、画面の一部枠でも全然問題ない感じ。しかし、画面が大きいので圧がでかいw ので、デフォルトよりちょっと輝度を下げた。

内蔵スピーカーもいい感じで、こんなに薄いのにきちんとある程度の低音が出るのは素晴らしい。Bluetoothヘッドセットにしても、うまくlatency合わせているのか、lip syncにギャップを感じない。

 

late 2011 --> late 2015になった。(2017に買ったのに、モデルとしてはlate 2015だったというのは、ちょっと萎えるかもしれない。まあ安定版を買ったということで心を落ち着けよう)

メモリは16GBだが、今のところ不具合はない。スロットを二つ残してあるので、いざとなれば増設。

keyboardもmagic trackpad2も、単三形式ではなく必要に応じてlighting cableからの充電になり、薄くなってよくなった気がする。どちらも操作感は快適。

ちなみに前回の移行

nimben.hatenablog.com

 

 ↓ これに比べると天国のような簡単さ。6年って大きい差ですね。

nimben.hatenablog.com

 

 

根津美術館『燕子花図と夏秋渓流図』

ついに、国宝燕子花と、お庭燕子花の共演を見ることができた。

もちろん、根津美術館ご自慢の国宝『燕子花図屏風』(尾形光琳)と、裏庭の燕子花のことである。

 

燕子花図屏風 尾形光琳筆 右隻

Irises screen 2.jpg
By 尾形光琳 - Nezu Art Museum, パブリック・ドメイン, Link

 

同 左隻

Irises screen 1.jpg
By Ogata Kōrin - Nezu Art Museum, パブリック・ドメイン, Link

(↑ しかし、写真も撮り方と色の選び方でずいぶん違いますね) 

 

夏秋渓流図屏風 鈴木其一筆

が同時に見ることができるということで、というよりも、実はお庭のカキツバタを拝見しに行きました。

じつは燕子花図屏風を見るのは二度目。しかし、根津美術館で見るのは初めて。

2年前に、尾形光琳300年忌で、根津美術館からMOA美術館に貸し出されていたのだ。そして、『紅白梅図屏風』と『燕子花図屏風』を同時に見るということができた。*1

 

 

燕子花図屏風のかわいらしさ

よくコピペによるリズム感の良さ、という言い方で表される。

たしかにリズムはいいとおもうけれども、今回の気づきはふたつ。

ひとつめは、引き算の心地よさ。

他の図屏風は、風景をパノラマ写真のように全部描いている感じ。しかし、燕子花図屏風は、燕子花しかない。 これが心地よい。その上で、燕子花の花が流れていく。左から右に、右から左にみてもよい。一直線でない、山の稜線の上下をみるような心地よさ。

ふたつめは、群青色のきれいさ。

燕子花の花がぽってりした感じ。場合によっては青二色で立体的に彩られている。緑色の葉の部分はとても平面的だから、視線を花に誘導し、そして釘付けにするための、視線操作でもある。

「ありのままを描くよ」というよりも、非常に人工的な計算に満ちた作品だなあと感心してしまった。

計算に満ちているのに、金箔で、下に水がない燕子花ってだけでもかなり人工的なのに、なにか愛嬌を感じさせるぽってり感と色の美しさ。若冲とはまた別の感じで心地よいです。

 

燕子花の庭園

f:id:nimben:20170503150842j:plain

根津美術館の庭園はいつ行っても何かが咲いていて気持ちがいいのだが、特に今回は燕子花共演である。藤棚もきれいだったのだが、全盛を過ぎていて残念。

天気にも恵まれ、新緑の葉にも恵まれて、燕子花がひきたっていた。

その名も燕子花という和菓子とお抹茶(お薄)のセットが千円でいただけるのも、なかなか乙なもの。「とくに流派は関係ないし、足を崩してもらっても問題ないですから」とやさしくおっしゃっていただきながら、庭を横目にお茶をいただくのはなかなか贅沢な喜びでした。

国宝もいいんだけど、やっぱり生の草花の美しさもまた美しく、ジャンルの違うよさなんだなあと、心地よく観覧してきたのでした。

おまけ

紅白梅図屏風

Ogata Korin - RED AND WHITE PLUM BLOSSOMS (National Treasure) - Google Art Project 

www.nezu-muse.or.jp

nimben.hatenablog.com 

nimben.hatenablog.com

ぼくにとっての其一は、このメトロポリタン美術館収蔵の『朝顔図屏風』なんですよね。こっちのほうが尾形光琳『燕子花図屏風』との共通点が多いと思う。

  • 背景が金箔
  • 描いてあるのが題名の植物のみ。土も他の草花などもない。
  • 群青
  • 配置のリズム感(尾形光琳は一次元、鈴木其一は二次元だけど)

同時表示にはいいとおもうんだけどなあ。一度見てみたいなあ、同時に。

 

 

 

*1:ほんとうはそのあとに、MOAから根津美術館に逆貸し出しがあって、根津美術館でどちらも見るというチャンスがあったのだが、これは見に行けなかった。