読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業 『ミュシャ展』国立新美術館

おめあては、『スラブ叙事詩』の19点の作品群。ひとつの大きさが木造二階建ての一戸建ての大きさだと思えばいい。これは生の迫力をみるに限りますので、おすすめです。 www.mucha2017.jp ミュシャ展|企画展|展示会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER,…

特別展「春日大社 千年の至宝」@東京国立博物館

前期に行ってきました。後期は行けないかも。 藤原氏の氏神様である春日大社、というところから知らなかったので、見るもの見るもの新鮮で楽しかったです。 ストーリーライン みどころ 第5章 神々に捧げる芸能 その他の章の目玉 補足:作品リスト ストーリー…

「リニューアル記念 特別名品展 + 杉本博司「海景 – ATAMI」」@MOA美術館

ある意味これも初詣 www.moaart.or.jp 行き方 建物にはいると 展示物 環境 国宝 紅白梅図屏風/ 尾形光琳 聖徳太子立像 阿弥陀三尊 その他 行き方 けっこうな上り坂なのでJR熱海駅からバスが楽ですね。170円でMOA美術館が終点。Suicaなどの電子マネーはつかえ…

東京国立博物館『博物館に初もうで』

初詣に行ってきた。 www.tnm.jp 通常展示料金なのね。特別料金かとおもっていたのでラッキーである。 正面玄関から入って二階に上がる階段の踊り場に池坊の華道の品が。 金の扇に松竹梅でとてもめでたい感じ。 そこから、高円宮コレクションの根付。様々あっ…

2017年、行きたい美術展

運慶快慶そしてバベルの塔が、私が行きたいトップスリー 1/17-3/12:東京国立博物館『春日大社』★★ www.tnm.jp 重要文化財 文殊菩薩騎獅像および侍者立像は全期 国宝 赤糸威大鎧(梅鶯飾)(あかいとおどしおおよろい うめうぐいすかざり)が前期(−2/19) 国宝…

2016年の美術鑑賞振り返り

今年は予定していたことができない以上に、予定外の美術鑑賞ができて、全体としてはとてもよかった年だった。なんといっても、パリとロンドンに行くことができたので。 パリ:ルーブルとオルセー美術館。 これは記事にしていなかったので、簡単にふれます。 …

The Guards Museum

英国近衛兵博物館 www.theguardsmuseum.com ※無料ではありません。 どう行くの? たぶんここだけのために行く人は少ないと思うのです。近いのはSt. James's Park駅だけど、Westminster 駅から、ホースガーズからセントジェームスParkに入って、散策した後に…

The HouseHold Cavalry Museum

ロンドンにいって、馬と制服が好きなら、こちらへどうぞ。 The HouseHold Cavalry Museum 行き方 最寄りの駅は、westminster駅ですかね。Circle, Jubilee, Districtの各線があるので、便利です。降りると目の前にビッグベン。国会議事堂をみながら北側に進む…

TATE Modern / テートモダン:ダリとピカソ

ダリとピカソが同じ壁に並んでいた。 Level 2: Artist and SocietyのCivil War という展示室。 その名の通り、「芸術家と社会/内戦」についての部屋だ。 Civil Warだけどアメリカ南北戦争ではなく、第二次大戦直前のスペイン内戦のこと。 ピカソは『泣く女 …

TATE Modern / テートモダン 抽象画: モンドリアンたち

モンドリアンといえばイブサンローラン。 nimben.hatenablog.com というのはこの映画でしったのだけど、それのもともとを生では見たことがなかった。 Composition C (No.III) with Red, Yellow and Blue / Piet Mondrian / 1935 'Composition C (No.III) wit…

TATE Modern / テートモダン 抽象画: クラズナー

また抽象画でおもしろかったのが、 Gothic Landscape / Lee Krasner / 1961 躍動感というか、ちょっと抽象的な棟方志功というか、なんか太い線がポジティブな感じで。現実というよりもファンタシーな感じもして。なーんか好き。 'Gothic Landscape', Lee Kra…

TATE Modern / テートモダン 抽象画: モネ、ロスコとリヒター

モネは印象派の巨匠だ、という印象しかなかった。 晩年は目を悪くされて、全面がぼんやりとした感じの絵になるものだなあとも。 が、そのぼんやり感が抽象画っぽい! ということを、今回のTate Modernのキューレーターに気付かされた。すごいね、キューレー…

TATE Modern / テートモダン 行き方と建物編

現代アートにめざめてしまった。抽象画をみて楽しいと思ったのは初めてだ。 通いたいわぁ。 行き方 公式な行き方はこちらから。"GETTING HERE" をご覧あれ。 しかし、ついでに建物も見ながら進みたいならば、北側からテムス川を渡ってくるか、南側のサウスバ…

TATE Britain / テートブリテン

テートブリテンは、国立美術館グループ「TATE」のなかで、イギリス芸術を担当する。のちに記述するテートモダンは近現代芸術担当。 イギリス風景画の巨人JMWターナーの作品専用のクロア・ギャラリーもあるが、今回はみる時間がなくて断念。次はクロア・ギャ…

鈴木其一 『江戸琳派の旗手』 サントリー美術館

私にとって、紙のきんきらきんは、2種類ある。狩野派と琳派だ。 私にとっての狩野派と琳派の違いは、威風堂々と軽妙洒脱だ。 いまは軽妙洒脱がとても好みなので、昨年末から楽しみにしてきた。 時代的には、異国船が来始めて、江戸から明治への動乱期に差し…

美術展、下半期、何に行こう?

前半戦振り返り。 前半といっても、今年1月1日から、8月14日現在まで。行ったのは少ないねぇ。 記事にしたのは、以下の3展。 nimben.hatenablog.com nimben.hatenablog.com nimben.hatenablog.com 実は春にルーブル美術館とオルセー美術館には行く機会…

森アーツセンターギャラリー『Louvre No.9 - 漫画、9番目の芸術』

サモトラケのニケがフィーチャーされているので、その時点で5億点です。 ルーブル美術館特別展として全国を巡回するのだが、まずは六本木アーツセンターギャラリーで公開中。東京では9月25日までなので、早めにどうぞ。 manga-9art.com さて。 ルーブル…

生誕300年記念 若冲展 /東京都美術館

眼福。 www.tobikan.jp 必見:動植綵絵+釈迦三尊 想定通り圧巻だったのは、動植綵絵30幅+釈迦三尊3幅の33幅を、円形にまとめて展示してある様子。東京でこの33幅が同時に見られるというのは初めてらしい。10年くらい前に京都ではあったらしいけど(2007…

「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」展

国芳はみたことがあるけど、国貞は意識してみたことがなかったので、「くにくに」展にいってきた。 ntv.co.jp 自分は国芳の猫と武者絵系が好きだということがわかったよかった。 この展覧会をみると ねこ好きは喜ぶ。尻尾が二つに分かれた妖怪ねこまたさんの…

2016年の美術展カレンダーをみて、計画を立てるの巻

興味がある美術展を閉幕の早い順に並べてみた。 Bunkamura ザ・ミュージアム「英国の夢 ラファエル前派展」12/22−3/6 山種美術館「ゆかいな若冲・めでたい大観」1/3-3/6 森アーツセンターギャラリー「フェルメールとレンブラント」1/14−3/31 東京都美術館「…

New Year's Concert 2016 with Mariss Jansons

恒例のウィンナワルツとバレエをぼーっと楽しむ会。 アルバム写真は昨年の。いつもながら、すごいスピードで発売されるよね。 ニューイヤー・コンサート2015 アーティスト: ズービン・メータ(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 出版社/メーカー: SMJ …

ライブシネマコンサート『2001年宇宙の旅』

『2001年宇宙の旅』を見るのだが、その劇伴が生オーケストラという変態極致@bunkamura。2001年宇宙の旅(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2014/04/23メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ …

根津美術館「根津青山の至宝」とサントリー美術館「国宝曜変天目茶碗と日本の美」

根津青山 vs 藤田傳三郎の戦いと、奇しくもなってしまった。こういうハシゴも乙なもの。根津美術館は「東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎(青山)(1860〜1940)」の、藤田美術館は「南海鉄道や東洋紡の前身を立ち上げた明治の実業家・藤田…

サントリー美術館 「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」

若冲は数度しか、蕪村を、生で見るのは、たぶん初めて。 若冲は「動植綵絵」のイメージが強く、超精彩画家というイメージをもっていたのだが、まるっと覆されたのが痛快でおもしろかったのが最大の収穫。展覧会の見せ方の面白さサントリー美術館のみせかたは…

根津美術館の予習

根津美術館について調べている。もちろん 「尾形光琳300年忌記念特別展 燕子花と紅白梅」についての下調べ。ブルーノート東京が近くにあったので、根津美術館の前は何度か通り過ぎたことがある。 とても素敵な入り口付近のファザードだった。収蔵物にも興味…

尾形光琳300年忌記念特別展「燕子花と紅白梅」

光琳アートと称し、尾形光琳300年忌を記念してMOA美術館で開催されている展示会。尾形光琳の『紅白梅図屛風』(MOA美術館)と『燕子花図屛風』(根津美術館)という国宝屏風画を対にしてみることができるという貴重なもの。 生で見るのは初めて。 対でみるもの…

2014年の美術展

今年は3つしか行けなかった。ダメだね、どんなに忙しくても時間を作らなくては、行けないまま終わってしまう。トップ3ではなく、見たすべてなのが、悲しいが、どれもおもしろかった。1. 京都国立博物館『国宝鳥獣戯画と高山寺展』 鳥獣戯画の補修完了記念だ…

自分は四捨五入して三次元が好きだと言うことがわかった

京都国立博物館に行ってきた。狙いは鳥獣人物戯画である。鳥獣戯画―国宝絵巻 (双書美術の泉 6)出版社/メーカー: 岩崎美術社発売日: 2003/02/28メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 17回この商品を含むブログ (4件) を見るETVの特集などで、予習はばっちり。…

リー・ミンウェイとその関係展にいってきた

芸術は、今ある観念に対して「ほんとうにそれが美しいの?」と壊す力がある。おおくの現代芸術は、壊すところで終わっているんじゃないかとおもう。それは、ワケのわからないものを「芸術的」と皮肉ったものそのものかもしれない。しかし、リー・ミンウェイ…

シュルレアリスム展@国立新美術館(写真追加)

シュールリアリズムというか、シュルレアリスムというか、こいつは「わけのわからなさ」をつきつけて、見ている者のゆさぶられた感情自体を芸術とする、というものだとおもっていた。それがどうも違うらしい、ということがわかった。国立新美術館で開催され…

ポケットに国宝を(e国宝)

Google Artproject がPC版美術鑑賞の極北なら、ポケットに国宝をいれてあるく極北は、国立文化財機構の4つの博物館に所蔵された国宝・重要文化財の高精細画像を鑑賞できるiOSアプリ「e国宝」でしょう。なんと、無料!「国立文化財機構」ときいてもピンと来な…

Google Artproject は面白い!

PC向けは、2011年2月2日に公開されたGoogleの artproject が極北でしょう。メイキング やっているのは、絵画のデジタイズと、ストリートビューでの鑑賞。 鑑賞って、三輪自転車あるいは徒歩でカメラを動かして、撮影しているのね。参加美術館も豪華。 メトロ…