earthquake

義援金の話。

量を多く公平な部分は日赤が担当するとして、量は少なく不公平でも、自分がいいとおもったところに素早く送る先、という別の切り口が必要。問題は、「ここだったら」というところを自分が知らないことだ……

地震による磨耗

蛇口から水がでるだけで、なんか感動する。あって当たり前のインフラに対して、日頃自分が感謝していなかったことに気がつく。 「この程度の揺れ」と感じてしまう自分の感受性の摩耗具合に嫌気がさすな。

とりあえずの総括

直接の当事者としての被災は、おわった。 一時止まっていた上下水道は順調に動き出し、被災地と言うことで計画停電除外となった。お店の営業時間縮小や電車の間引き運転など、影響はゼロではないにせよ、おわり、といってよい。少なくとも夏までは、とりあえ…

千葉県議選 浦安市 液状化で期日前投票告示せず、県選管が是正指示

千葉県議選が、4月1日に告示された。投票日は10日。しかし、浦安市選管は、期日前投票告示せず、公選法の「違法状態」(千葉県選管)にある、と報じられている。 千葉県内の被災地である旭市の場合は、無投票が決まっているので、選挙自体が行われない。浦安…

2011年03月27日のツイート

@nimben: @niconabe_tomoko 1730円足して募金、ですかな2011-03-28 00:29:29 via Twitter for iPhone to @niconabe_tomoko @nimben: copresence という言葉が、胸に響く>鷲田清一阪大総長の式辞(PDF) URL2011-03-27 20:18:41 via Twitter for Mac @nimben: …

節電メッセージによる混乱

節電メッセージで混乱している私。節電が、ピーク時電力のみでいいのなら、ピーク時だけ輪番停電にすればいいんじゃないの? 他の時間も輪番停電になる、ということは一日トータルで節電しろ、というメッセージのように思えるのだけど? あと、信号機まで切…

地震つぶやき

tumblr.もdonateはじめた。一口10$。(04:15:35) ストレスマネジメントが必要だなあ。鈍感力ともスルー力とも違う、折り合い方が。明らかにする=諦める、ともちょっと違うような。むむむ。(02:37:11) 現場の医療機関が大変になるのは、想定範囲じゃないのか…

計画停電にあう

お、停電きた。キャンドルの灯りがステキ。余震きたら直ぐに消さないといかんので、ちょっと緊張 信号さえつかなくなる計画停電。真っ暗、になると思ったがそうでもない。非常電源に切り替わり、いつもと同じ光を灯す棟もある。街灯は消える。停電になってい…

余震が嫌い

今日は余震が多過ぎて、心が折れるのぅ。大きい一撃より、細かな不定期パンチの方がキツイ、みたいな。

Satellite Photos of Japan, Before and After the Quake and Tsunami

http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/13/world/asia/satellite-photos-japan-before-and-after-tsunami.htmlニューヨークタイムズの記事。衛星写真を利用し、地震・津波の前後を、「自分でスライダーを使って」比較することができる。とてもわかりや…

浦安市の対応は、クラウドをうまく使っていて、かなりよい

負けることは恥ではない。負けを認められないことが恥である。*1 基本的に自前主義のところが多い中で、浦安市の災害対応はうまくクラウドをつかっていてよいとおもう。特に、情報の告知にtwitterを利用しているところと、ライフラインの復旧情報告知に、グ…

ライフラインは、原義どおり命綱

wikipediaによると、「ライフライン」というのは、どうやら和製英語ではないか、ということである。Oxford College Dictionary で lifeline を引くと、 "a rope or line used for life-saving, typically one thrown to rescue someone in water or one used…

日常に向かって

正確には3月11日の、順天堂大学病院@浦安の液状化現象の動画。こんな感じで、浦安の街は埋め立て地にありがちな液状化現象に見舞われた。ライフライン、大事。(まあ、だから「ライフライン」というのだが) 電気は大丈夫。ガスと上下水道は、一部地域でス…

私の地震体験 (3/12)

深夜は、余震続きでよく眠れず。緊急地震速報で目が覚めるなど。被害状況の確認と、何ができて何ができないかを確認するために、朝、駅まで出てみることにする。液状化した後、道路の上に堆積した泥がかわき、埃となって舞っている。このため、花粉症とあわ…

私の地震体験 (3/11)

結論からいうと、お陰様で、私の家族も私も無事です。 個別にはお礼をもうしませんが、気にかけてくださった皆様、本当にありがとうございました。気持ちが冷えそうなとき、暖かくなりました。11日14時46分に三陸沖を震源として、東日本巨大地震、発生。 同…

阪神淡路大震災の日

1995年1月17日火曜日。阪神淡路大震災発生の日。 一ヶ月後に現地に入り、1週間ほどボランティア活動をした。一番ショックだったのは、夜空。 電信柱はゆがみっぱなし。水道がまだきびしいので、建物の解体作業のときに埃飛散防止のための散水はナシ。 空は、…