movie

デビッド・リーン『アラビアのロレンス』1962

砂漠の絵がきれい。とにかくきれい。これを見るだけでも価値あり! 神の慈悲も無慈悲も、この酷薄の太陽の下で繰り広げられる脇役に過ぎないかもしれない。公開時に映画館で見たかったねぇ。 内容は、全ては神のままに(it is written) という現状への諦めと…

ナンシー・マイヤーズ『マイ・インターン』2015

間違えてシニアをインターンとして雇ってしまったために起こるドタバタコメディだと思い込んでいたら、違ったw (大学四年生とお年寄りを混同して採用したのかと) ココロがちょっと傷んでいるときに見て、ちょっとほっとする映画だった。 ブルーレイ&DVD『…

ロン・ハワード『ラッシュ』2013

ニキ・ラウダと彼が唯一嫉妬したジェームズ・ハントの1976年のF1グランプリの話。 少年活劇漫画のごとく、ストレートなライバルストーリー ラッシュ/プライドと友情 スペシャル・エディション [Blu-ray] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2015/10/…

コーエン兄弟『ノーカントリー』2007

神話。理不尽で圧倒的な暴力と死、生きようとする若者、その光景を散々見てきて人生を降りていこうとする老人。「老人が住むような国ではない」という原題がすべてだとおもう。圧倒的な死を体現するハビエル・バルデムの演技を見るだけでも、元が取れた。 ノ…

『007 SPECTRE』2015

映画は絵だね。色々なところで大きなロケをし、普段は見られないような絵を見せる。それ以外に何がある? と言い切る映画。 007 スペクター 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・…

リドリー・スコット『オデッセイ』2015

火星ひとりぼっち。 俺は宇宙海賊。 火星でじゃがいも百姓をしているが、何か? ボスの音楽の趣味が最悪な件。 火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF) 作者: アンディ・ウィアー,小野田和子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/12/08 メディア: 文庫 …

大根仁『バクマン』2015

努力友情勝利。 暑苦しくなりすぎず書いてみた。 バクマン。Blu-ray 豪華版 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2016/04/20 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る あずきパートが弱く感じる。なぜ、ほとんど言葉も交わさないのに思いを一つにで…

シドニー・ポラック『ザ・ヤクザ』1975

これ、ブラックレインの元ネタの一つなんだろうな。 どっちも高倉健が出ている。ヤクザものである。一番近しいとおもうのは、日米の文化の差を良し悪しではなく事実として違うものだとして描いているところ。 ザ・ヤクザ [DVD] 出版社/メーカー: ワーナー・…

暴力のフェアネス

あるいは、ジャッキー・チェンや北野武が好きな理由。 プロジェクトA [Blu-ray] 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 発売日: 2011/11/11 メディア: Blu-ray クリック: 2回 この商品を含むブログ (13件) を見る 「こっちだけ…

カーティス・ハンソン『LAコンフィデンシャル』1997

映画だ。こういうのを映画というんだよね! L.A.CONFIDENTIAL-ブルーレイ・エディション- [Blu-ray] 出版社/メーカー: 東北新社 発売日: 2009/01/29 メディア: Blu-ray 購入: 1人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (20件) を見る でもこれ、もう20年も前…

第88回アカデミー賞ノミネート

作品賞 マネー・ショート ブリッジ・オブ・スパイ ブルックリン マッドマックス 怒りのデス・ロード オデッセイ(ゴールデングローブ賞コメディ/ミュージカル部門受賞) レヴェナント (ゴールデングローブ賞ドラマ部門受賞) ルーム スポットライト ノミネ…

見るかも>ネメシュ・ラースロー『サウルの息子』2015

いやー、まじか。こういう映画があるのか。 www.youtube.com 第68回カンヌグランプリ作品、ハンガリー映画。 www.finefilms.co.jp んー、TBSラジオ「たまむすび」の町山智浩の映画評で聞いたあと、予告編をみるとなんだかまあ、いやー、んー。 被写界深度が…

バルタザル・コルマキュル『2ガンズ』2013

五巴。誰が誰を騙しているのかわからない、ガンアクション映画。タランティーノ的なテイストがあるが、あんまり頭を使わずにバディものとしてみていた方がいいかも。 m.youtube.com この監督の映画は初見。昨年2015年に3Dで『エベレスト』を公開しているよう…

K-BALLET COMPANY『白鳥の湖』in Cinema

K-BALLET COMPANY『白鳥の湖』in Cinema 最新ニュース情報|ニュース|K-BALLET COMPANY 2015年のK-Balletの『白鳥の湖』公演を映像化した"in cinema"。 今回は、Ballet Gentsの舞台挨拶がある初回上映をみにいった。 熊川哲也 白鳥の湖 [DVD] 出版社/メーカ…

見るかも「ビューティインサイド」

起きたら外見が老若男女何になっているかわからない人が恋をしたら? 映画『ビューティー・インサイド』日本オリジナル予告編 一役123人って! 設定だけで百億点ですね。映画としてみたときにどうおもうのか、というのはなかなか予想がつかない。 リアリティ…

北野武『アウトレイジ』(2010)『アウトレイジ ビヨンド』2012

アウトレイジシリーズは、テンポがよくてすきだ。 アウトレイジ ビヨンド [Blu-ray] 出版社/メーカー: バンダイビジュアル 発売日: 2013/04/12 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (18件) を見る 好きなところは、テンポ たとえば、西田敏行の話のたた…

2015年よく読まれた記事は、たぶん『「インターステラー」に出てくる詩について調べてみた』

去年書いた記事なのだが、いまだにアクセスが多いのが、『 nimben.hatenablog.com 』。 インターステラーを昨年末に見に行ったのだけど、そのときにCMで流れていた詩が気になって調べたのだった。 英語だと、映画も小説もビジネス書だって、最初に何某かの引…

ライブシネマコンサート『2001年宇宙の旅』

『2001年宇宙の旅』を見るのだが、その劇伴が生オーケストラという変態極致@bunkamura。2001年宇宙の旅(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2014/04/23メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ …

2015マイベスト映画は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

映画館で見てないので、とどもりながらいうんですけど、『マッドマックス 怒りのデスロード』です。マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホーム…

リドリースコット『プロメテウス』2012

序章と伏線に終始するが、「SFは絵」で押し切られてしまった。プロメテウス [DVD]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン発売日: 2013/07/03メディア: DVDこの商品を含むブログ (18件) を見るエイリアンの前日譚が描かれ…

マイケル・チミノ『イヤーオブザドラゴン』1985

ジョンローンかっこいいよね、とおもって、未見の本作を観る機会があった。イヤー・オブ・ザ・ドラゴン [DVD]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン発売日: 2014/04/17メディア: DVDこの商品を含むブログを見るミッキー…

市川崑『四十七人の刺客』1994

「お主達の命、使い捨てる」という高倉健のセリフがCMでかなり流れており、これに惹かれていたが、ついぞ見る機会がなかった。四十七人の刺客 [DVD]出版社/メーカー: 東宝発売日: 2005/01/21メディア: DVD クリック: 20回この商品を含むブログ (19件) を見る…

マーク・ウォールバーグ主演作品『ローン・サバイバー』『ミニミニ大作戦』

ケビン・ベーコンとぱっと見、区別がつかなくなっていてどうしようかとおもっている。 巻き込まれ型で、そのなかをクールに凌いで必要なことを達成する、という役が多いのかなという印象をもった。前に見た『極大射程』はそうだったし、今回の2作品もそんな…

『フリーダムライターズ』2007年米

おっさんになってきたせいなのか、改革する側とされる側の両方の痛みが感じられて、とまどってしまう。若い頃は改革される側の「良きことを成す」正義感に酔っていたのだろうね。 フリーダム・ライターズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]出版…

『ドラゴンタトゥーの女』2011米

上下巻の小説を一本の映画にまとめるのは、どうしても無理があるので、何をどこまで書くことにし、何を捨てるのかが大事。監督のデビッド・フィンチャーは、そのあたりがうまく、編集賞でオスカーを獲っている。原作がスウェーデンであり、映像として写し取…

Every Frame a Painting で映画の秘密を知る

今敏についての解説がよかったので、他の動画も見てみた。Every Frame a Painiting黒沢の「悪い奴ほどよく眠る」の紹介や、ジャッキー・チェンの映画がなぜアクションコメディーとして成り立つのか、とてもわかりやすい。 1993年にやっていたフジテレビの深…

今敏を編集視点で見る

今敏の映画は、1度、目にすると、画面から目を外せなくなる。実写では不可能な、アニメ独特の「モーションピクチャー」がそこにあるからだ。 それがなぜかよくわからなかったが、以下のものをみるとその凄さがよくわかる。英語だけど、英語字幕にするよろし…

TARSという存在

TARSはインターステラーに出てくるロボット。事象の地平線は、3Dでみたかったが、さすがに叶わなかった。 三次元が四次元と交錯するところを二次元で表現するというのは厳しいのだが、計算もなかなかできないだろうから、今後に期待。それこそスーパーコンピ…

クリストファー・ノーラン『インターステラー』(2014)

IMAXでぜひ見てください。絵がとてもすばらしい。 ハードSFとしてみたらちょっとひどいんだけど、絵とサスペンスの力でねじ伏せてある。前提の知識として、ブラックホールものは知っていた方がいいとおもいます。たぶん知らないと、途中何を言っているのはわ…

「インターステラー」に出てくる詩について調べてみた。

"do not go gentle into that good night" という渋い声に魅せられた。ノーラン・ライアン監督最新作の「インターステラー」のメイキング、12分30秒頃からのナレーションである。 Do not go gentle into that good night Old age should burn and rave at th…