movie

『フリーダムライターズ』2007年米

おっさんになってきたせいなのか、改革する側とされる側の両方の痛みが感じられて、とまどってしまう。若い頃は改革される側の「良きことを成す」正義感に酔っていたのだろうね。 フリーダム・ライターズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]出版…

『ドラゴンタトゥーの女』2011米

上下巻の小説を一本の映画にまとめるのは、どうしても無理があるので、何をどこまで書くことにし、何を捨てるのかが大事。監督のデビッド・フィンチャーは、そのあたりがうまく、編集賞でオスカーを獲っている。原作がスウェーデンであり、映像として写し取…

Every Frame a Painting で映画の秘密を知る

今敏についての解説がよかったので、他の動画も見てみた。Every Frame a Painiting黒沢の「悪い奴ほどよく眠る」の紹介や、ジャッキー・チェンの映画がなぜアクションコメディーとして成り立つのか、とてもわかりやすい。 1993年にやっていたフジテレビの深…

今敏を編集視点で見る

今敏の映画は、1度、目にすると、画面から目を外せなくなる。実写では不可能な、アニメ独特の「モーションピクチャー」がそこにあるからだ。 それがなぜかよくわからなかったが、以下のものをみるとその凄さがよくわかる。英語だけど、英語字幕にするよろし…

TARSという存在

TARSはインターステラーに出てくるロボット。事象の地平線は、3Dでみたかったが、さすがに叶わなかった。 三次元が四次元と交錯するところを二次元で表現するというのは厳しいのだが、計算もなかなかできないだろうから、今後に期待。それこそスーパーコンピ…

クリストファー・ノーラン『インターステラー』(2014)

IMAXでぜひ見てください。絵がとてもすばらしい。 ハードSFとしてみたらちょっとひどいんだけど、絵とサスペンスの力でねじ伏せてある。前提の知識として、ブラックホールものは知っていた方がいいとおもいます。たぶん知らないと、途中何を言っているのはわ…

「インターステラー」に出てくる詩について調べてみた。

"do not go gentle into that good night" という渋い声に魅せられた。ノーラン・ライアン監督最新作の「インターステラー」のメイキング、12分30秒頃からのナレーションである。 Do not go gentle into that good night Old age should burn and rave at th…

『めぐり逢わせのお弁当』2013インド

予告編にだまされたw 600万分の1の確率で間違えられたお弁当の届け先。定年間際で人生を諦めかけている男性と、夫とのすれ違いに心折れそうな女性が、手紙を通じて心を通わせる、ハートウォーミングロマンス。ちがうよ。男性は救われる。閉じこもっていた殻…

『戦場にかける橋』1957英米

サル・子猫・チンパンジー♪戦場にかける橋 HDデジタルリマスター版 [Blu-ray]出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント発売日: 2012/10/03メディア: Blu-ray クリック: 6回この商品を含むブログを見る最初は英国将校ニコルソン大佐が、捕虜…

「ザ・シューター/極大射程」2006米

2000年のこのミス海外編一位であるスティーブン・ハンター『極大射程』が原作。 タイトルは覚えていたものの、読む機会も観る機会もなかったので、CSで放送しているのにたまたま巡り会いガッツポーズ。ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・…

”Parker" 2013米

スタローン、シュワちゃんが歳いった後のアクションスターって、ジャン・クロード・バン・ダム、ヴィン・ディーゼルやロック様ことドウェイン・ジョンソンが赤丸急上昇的に取り上げられるものの、横綱にはなれず、そのまま大関くらいの地位に留まる感がある…

ジェームス繁田氏、亡くなる。

BTTFの「フジツウさん」的揶揄がおおかった時代、日系会社の社長がハリウッド映画で描かれるとなると、卑怯者的な扱いなのかなと思った。いやいや、非常にかっこいい矜持にみちたナカトミさんでしたよ。ダイ・ハード [Blu-ray]出版社/メーカー: 20世紀フォッ…

セント・オブ・ウーマン

岐路に立つひとの物語だ。 岐路に立ったとき、正しい道を選ぶか、易しい道を選ぶか。どんな選択をしたか。その選択は、誇れるものだったか。それは今も、心に重くのしかかるのか?セント・オブ・ウーマン/夢の香り 【ブルーレイ&DVDセット】 [Blu-ray]出版社…

ゲキシネで薔薇とサムライ

薔薇サム、堪能。天海祐希に惚れた。

ソーシャルなネットワークについて with 映画「ソーシャル・ネットワーク」

どうやらこの映画について、寝ながら何か考えていたらしい。なので寝覚めがあんまりよろしうない。以降、ネタバレふくむので、ご注意あれ。

the social network (2010米)

facebook の創業秘話。事実に基づくフィクション。「セブン」の監督。 事前にfacebook にアカウントを作らないと理解できない話ではない。 facebookの利用法紹介映画ではないし、ICT用語は味付け程度にしか出てこない。 事前に知っていたほうがいいのは、fin…

英国王のスピーチ

公式サイト ←フルフラッシュなので、ご注意wikipediaとかで調べてみたけど、現女王であるエリザベス二世の父親であるジョージ六世って、波瀾万丈な人生なんですね。子供の頃から吃音症に悩まされ、兄が国王になるとわかっていたので、裏方の海軍士官をめざす…