カーマイン・ガロ『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』(日経BP社)

405ページだから、薄い本というわけではない。しかし、おもしろくって、一気に読み終わってしまった。

書いてあることは、本のタイトル通り、スティーブ・ジョブズによる、驚異のプレゼンテーション術について、だ。

プレゼンテーション術についていえば、今まである、Presentation Zenと大きく変わった内容ではない。

が、これが、実際にスティーブ・ジョブズが行ったものを具体例として出している、というところに、この本の説得力がある。

できれば、Steve Jobs のプレゼン集(英語) を見ながら読むと、より効率的とおもいます。

参考リスト