浦安市の対応は、クラウドをうまく使っていて、かなりよい

負けることは恥ではない。負けを認められないことが恥である。*1

基本的に自前主義のところが多い中で、浦安市の災害対応はうまくクラウドをつかっていてよいとおもう。特に、情報の告知にtwitterを利用しているところと、ライフラインの復旧情報告知に、グーグルマップ利用しているところ。特に後者は、視覚的にわかりやすい。
浦安市twitterは、twitterに加入していなくてもweb経由で閲覧可能。このため、適宜リロードすれば、最新情報が手に入る。特に、輪番停電があるのかないのか、あるならいつあるのかを知るのに、とても助かっている。
災害復旧情報は、以下のようなリストになっており、必要な情報にアクセスしやすい。

細かいところに不満がなくはないのだが、ポータル性を確立しているところ、適宜リニューアルしていて「活きている」情報が掲載されているところ、ビジュアルにわかりやすいところ、というのは、得難い長所だとおもう。他の自治体の情報公開については、確認する余裕がないので論じることができないが、どんどん真似していいレベルだとおもう。

*1:ごめん、今、自分で作った