ポルトガル料理を初めて食べた。気に入ったぞ!

仕事でマカオにいってきた。マカオは旧ポルトガル領なので、ポルトガル料理が楽しみだった。

レストランに入ると、隅々までメニューをみている。観光地なので、日本語メニューがあって助かった。

おそらく一番多く出てきた単語が「バカリャウ(Bacalhau)」だ。スペイン語だとバカラオ(Bacalao)、鱈の塩漬けの干物。
これを、細かく刻んでチャーハンの具にしたり、コロッケにいれたりした料理が多かった。塩気とかみ応えと旨味がそろっていて、かなりお気に入り。

あと、ソースは大きく分けて二種類。バカリャウに合うようにシンプルな塩味、あるいは、コリアンダーを中心としたカレー風味だ。

カレーソースは、ココナッツもはいっているとみえて、ライトベージュな感じ。ターメリックもあまり入っていないのか、黄色や茶色という感じではない。味は、けっこう多様な香辛料がつかわれており複雑、かつ辛い。辛いが、後はあまり引かず、口の中はすぐにさっぱりする。

ワインも微発泡酸味系白がよくあい、とても気に入りました。

日本で食べられるところ、探したいところでございます。