正田佐与『認めるミドルが会社を変える』カナリア書房

コーチングの本、ではない。
日本企業のミドル層のコミュニケーション全般に必要なスキルをまとめた本だ。
著者が自らのビジネス+家庭体験をもとに、スキルを言語化し、高め、そして整理していく様子が、おおよそ時間軸順に記述されている。

文章は平易でわかりやすいものだが、実は読了していない。途中途中で、自分を振り返ってしまうからだ。
コーチングには興味があり、けっこう本も読んできた。しかし、セッションを受けたことはない。違和感があったからだ。どういうものか、説明できなかった。
この本を読むことは、著者と、そして過去の自分と対話することと等しい。先の違和感を自分なりの言葉にできれば、何かひとつ、先に進めるかも知れないという予感がある。

認めるミドルが会社を変える

認めるミドルが会社を変える