読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindleをMacで読みたいときは、Kindle Cloud Readerを利用するのが最高だとやっと知った

Kindle Paperwhiteや、iPad/iPhone/androidの画面で、文字が小さく調整がつかない漫画や大型本をMacどうやって読むか?

シンプルに考えれば、Kindle for Macをインストールすること。
Mac App Storeに、確かに存在する。しかしレビューには星が一つしかない。
それもそのはず、インストールまではできるのだが、日本語のAmazonアカウントがひも付けられないからだ。つまり、読めない。もったいない。

であれば、仮想OS環境をととのえてアンドロイドをインストールし、そのうえでアンドロイド版のKindleから読む、という手を考えるか? いや、まーできるんだろうけど、仮想OSをそのために買うのはキツイ話でしょう。

答えは、わかってみると簡単で、Kindle Cloud Readerを使うことだ。初回にIDとパスワードで、自分のアカウントとひも付けてしまえばOK。

"Cloud" Reader なので、直接クラウド上の自分のKindle本棚を見に行く。自宅で有線で読むのが無難。一瞬表示が出たんだけど、漫画だと一巻で50MB程度あるみたいだった。

ローカルには(キャッシュはされるが)ダウンロードされないから、どれはダウンロードしているかな、なんてことは考えなくてよい。動作も一世代前のPaperWhiteよりも軽快。自炊本的なつくりかたをしている系の本は、これだとハードウェア版Kindleで読むよりも、読み易いとおもう。

とはいえハードウェア版は叶わないのは、E-ink。テキストの本を読むためにはE-inkが一番、目には楽なんだよね。持ったまま移動もできるし。

おためしあれ。