『問題のあるレストラン』最終回

たぶん、叩きのめされたひとたちが、立ち上がるという物語なので、立ち上がったあとどうするのかというのはうまく描けないし描く必要もないということだったのだろうとおもった。

だから立ち上がる時の話にもどってしまったのだろう。

好みの問題だが、立ち上がったならあとはみんなバラバラになって進んで行くというのがぼくは好きだな。ぼくだったら、いきなり5年後とかの各キャラの様子を短く見せていくってやるかも。

ただ、二階堂ふみが泣き出すシーンも、菅田将暉が山形弁でヤギの話をし始め、自分がしたことの取り返しのつかなさに気がつくシーンも、役者のとても自然な演技を見ることができて、よい時間を過ごせたとおもう。