読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市川崑『四十七人の刺客』1994

「お主達の命、使い捨てる」という高倉健のセリフがCMでかなり流れており、これに惹かれていたが、ついぞ見る機会がなかった。

四十七人の刺客 [DVD]

四十七人の刺客 [DVD]

面白かったところは

「浅野が吉良に刃傷に至った理由はわからない」なので、大石内蔵助達が「吉良が賄賂を要求して、清廉潔白な浅野が断った。そのためいろいろな意地悪をされて、切れた」という謀略戦みたいなことをする、という点。個人的にはこの路線を突き進んで、超ハードボイルドに戦争を描いてくれればいいのにとおもった。だって「命を使い捨てる」いっている大石についていくんだぜ。幕藩体制確立後の柳沢吉保体制に刃向かうだぜ。そりゃ、東西冷戦時のスパイ合戦もかくやといわんばかりの……。

面白いと思えなかったのは

悪役色部は最初とても悪賢い敵にみえているのに、最後は単にやられっぱなしになって、強いものをやっつけた感が得られないところ。吉良のあつかいもひどいのだが、まあエンターテイメインとの歴史的にまあ許せる。許せんのは「かる」だよ。大石とかるの恋なんていらない。私のとっては謀略戦一本筋でいってくれー、であり、残念ながら私の期待は裏切られ、しかもその方向は私が望まないものだった。

名優勢揃いなんだけどなあ。