読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリの歴史軸

パリの歴史軸という概念を知らなかったので、いま悔しがっている。

パリの歴史軸 - Wikipedia

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/32/Paris_Axe_Historique.gif

CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=813093

西から、新凱旋門→凱旋門→カルーゼル凱旋門。

写真でみると、こんなかんじ。

西端:新凱旋門/ La Grande Arche(凱旋門の上から撮ったもの。写真の一番奥)

f:id:nimben:20111030203644j:plain

凱旋門 / Arc de Troimphe

シャンゼリゼから、凱旋門を眺めたところ。

f:id:nimben:20160207092447j:plain

そこから真東に180度回転して、コンコルド広場を望む。なんでか観覧車がある。

f:id:nimben:20160207092503j:plain

グランパレ / Grand Palais /ピカソ展をやっていた

f:id:nimben:20160207093225j:plain

コンコルド広場のオベリスク / Obélisque de Louxor

(2011年のなので観覧車は無い)

f:id:nimben:20111029225939j:plain

カルーゼル凱旋門 / Arc de Troimphe du Carrousel

 

しかし、凱旋門のてっぺんから見た現代風凱旋門のことは、今回頭に引っ掛からなかった。行こうとも思っていなかった。ぬかった。調べてみると、なぜ「新」凱旋門かというと、1989年落成という比較的新しいものだから。

凱旋門よりも西に行ったことがないな。優先度的にはルーブルより東のノートルダム教会(まだ行っていない)なんだけど。

行くべきところ、死ぬほどあるな、パリ。

 

 ↓ ちなみに2011年に行ってきたときの記事。

nimben.hatenablog.com