ロン・ハワード『ラッシュ』2013

ニキ・ラウダと彼が唯一嫉妬したジェームズ・ハントの1976年のF1グランプリの話。

少年活劇漫画のごとく、ストレートなライバルストーリー

ジェームズ・ハントはすでに亡くなっているが、ニキ・ラウダは存命で、この映画はほぼ事実通りと発言しているという。

レースシーンは、最初はCGで撮る予定が、実際のドライバーに運転してもらって撮っているらしい。なんじゃの神業は。

ニキの名前は知っていた。しかし、これほどとは。

正しすぎていけ好かないと思いきや、全身大やけどを負った後でヘルメットを被るシーン、肺から膿を吸い出すシーン、復帰後の記者会見でのユーモア溢れた交わし合いをするシーンをみて、俄然好きになった。

ジェームズは、ビッグマウスで天才でモテてと私の敵のようなやつであるが、その記者会見のシーンの後の記者との対決をみて、応援すると決めた。

細かいところもよくできているとおもうが、そんなところは気にしないで、二人のライバルバトルを心ゆくまで楽しんだ快作。