TATE Modern / テートモダン:ダリとピカソ

ダリとピカソが同じ壁に並んでいた。

f:id:nimben:20161004140318j:plain

 

Level 2: Artist and SocietyのCivil War という展示室。

その名の通り、「芸術家と社会/内戦」についての部屋だ。

Civil Warだけどアメリカ南北戦争ではなく、第二次大戦直前のスペイン内戦のこと。

ピカソは『泣く女 / Weeping Woman』ダリは『秋の人肉食い / Autumnal Canibalism』である。他にもいろいろ展示があるが、戦争について描いたものなので、沈痛で黒くあるいはおぞましい。

Weeping Woman /Pablo Picasso / 1937

'Weeping Woman', Pablo Picasso | Tate

キュビズムの代表作のひとつ。モデルになったドーラ・マールはものすごく美人なんだけど、そういうことがいいたいわけではないから、本当にモデル必要だったのかという感じ。

絵から受ける印象は、とにかく「悲嘆」

バスク地方へのドイツ空軍による空爆。そしてその直後にピカソが描いた『ゲルニカ』そしてその系譜にのる『泣く女』

別の部屋にある『三人のダンサー』('The Three Dancers', Pablo Picasso | Tate)もいろいろ謎解きが隠されていておもしろいのだけど、『泣く女』を見た後では説明的すぎるかも。

Autumnal Cannibalism /Salvador Dalí /1936

'Autumnal Cannibalism', Salvador Dalí | Tate

シュルレアリズム。食べ合っているような自分自身を食べているような。

リンゴがウイリアム・テルのような。

ユーモアがあるんだか、悪意があるんだか。そこはかとなく底意地悪い感じ

 

両方とも超有名作家ではあるが、スペイン内戦の悲惨さからうけたのは、やはり人のダークサイドで、それに影響される。"Artist and Society" としてまとめるのは、キューレーターがえらい。