2016年の美術鑑賞振り返り

今年は予定していたことができない以上に、予定外の美術鑑賞ができて、全体としてはとてもよかった年だった。なんといっても、パリとロンドンに行くことができたので。

 

パリ:ルーブルオルセー美術館

これは記事にしていなかったので、簡単にふれます。

別格:サモトラケのニケ @ルーブル美術館

ニケはいつみてもニケなので、過去記事にて。

 

nimben.hatenablog.com

刻々とかわる陽光のなかで、刻々と表情を変えるニケに寄り添うのは、とても幸せでした。

Marc Chagall/シャガールの天井画(1964年) @パリオペラ座

f:id:nimben:20160209191525j:plain

1875年に竣工したガルニエ宮に、1964年にシャガールの『夢の花束』を天井画としてつけたもの。100年ちがうというのに、非常にしっくりきていて、キンキラキンなのに優雅という息を呑むような組み合わせでした。

7月28日 - 民衆を導く自由の女神』(1837年)

Ferdinand Victor Eugène Delacroix / ウジェーヌ ドラクロワ @ルーブル美術館

これもロマン派か。そういう区別でみていなかったので、調べるとおもしろいね。

いわずとしれた名作なんだけど、一般に知られているのはこの撮影だとおもう。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a7/Eug%C3%A8ne_Delacroix_-_La_libert%C3%A9_guidant_le_peuple.jpg

シワが縦1/3と2/3のところに真横にはしっていること。女神に目を奪われていたが、足元に屍体がたくさんあることに今回気が付いた。

f:id:nimben:20160207124304j:plain

上三分の一は女神の顔と三色旗。

真ん中の三分の一は、生きる人間の顔。

そして下三分の一は、犠牲になった人たち。

これに気づけるのは、生の良さだなあ。

 

François-Édouard Picot François-Édouard Picot, L'Amour et Psyché (1817).

これ、びっくりしたのだけど、天使にちんちんがついている! 天使は無性だとおもっていたので、男性器が存在しているのもあるのだなと、感心してしまった。

パオロとフランチェスカ』(1855年)

Ary SCHEFFER (アリ シェーフェル)@ルーブル

ロマン派のこの作品は、今まで見たことがなかった。悲劇と官能とが合わさったこの作品は、物語の前後をいろいろ妄想させてくれて興味深い。下敷きはダンテ『神曲』第一編第二圏五歌。

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会

オルセー美術館

私を追いかけて東京の新国立美術館にもきたのだけど、それは見逃した。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9c/Auguste_Renoir_-_Dance_at_Le_Moulin_de_la_Galette_%28ex_Whitney_collection%29.jpg

やはり大作は生で見ると迫力がちがう。映画を自宅やモバイルでみるよりも、スクリーンでみたほうがすごい、みたいなもので。

番外。駅としてつくられたオルセーは構造がおもしろい

f:id:nimben:20160207171813j:plain

たしかに駅っぽい。

もっとゆっくりしたかったな。今度くる機会があれば、最初に一番上にいって、ゆっくり下っていく。(印象派が一番上の階にあるのだが、時間切れでほとんどみられなかったのだ)

ロンドン

tate modernがすばらしかった。現代美術が好きになるとはおもっていなかった。丸一日、いや二日くらいかけて籠りたい。tate britainもよかった。ターナーをほとんど見逃すという、何をしにtate britainにいったのだという感じ。でもオフェーリアに会えたから満足。

 

nimben.hatenablog.com

nimben.hatenablog.com

nimben.hatenablog.com

東京

いくつか見逃しがあるのだが、絶対行きたかった若冲展に行けたのでよかった。

 

nimben.hatenablog.com

 ねこまたさんがキュートだった国芳を、ライバル国貞と並べるこれもよかった。

 

nimben.hatenablog.com

 

ルーブルやオルセーなんかは、東京の特別展にくるとすればどれも目玉級が揃うというオールスターキャストすぎて困るわけですが、それ以外のものは、どう補助線をひくかというキューレーションが、ものすごく重要なわけで。ときにさりげなく、ときに挑発的に作品をならべていくキューレーターのみなさんの凄さに気が付いた一年でした。

ありがとう!