DLNAが解散していた

いつの間にか!

av.watch.impress.co.jp

 

昔にこんな記事を書いていたことがある。

nimben.hatenablog.com

 

上記記事のように、実験的にはBRAVIAで動画ファイルを再生してみたものの、PCの高解像度化と大画面化がすすんだので、わざわざテレビで再生する意味がなくなってきたので、あまりこの機能、つかわなかったんだよね。

基本的には今後もメーカー間相互接続はできるのだろう。細かいところはどうしてもメーカー方言がありそうで、完全互換は難しかろう。メーカー側のなるべくメーカー統一をしていけ、というインセンティブと、同じカゴに全部の卵はのせたくないよねというユーザ側のインセンティブの対立は、これからもありつつ、なんでしょうね。

アナログ信号だけのやりとりのときは、相互につなぐことはできて当然だったけど。

デジタルで、やれることが多くなった、ということの良し悪しなのかな。

ちなみに上記BRAVIAはまだ現役である。アナログハイビジョン用のD端子あるもんね。なんとなく骨董品的な感じすら漂う。

このデジタル業界で6年というのは長いのか短いのかよくわからない。ブラウン管世代だったら10年もつのは当たり前だった気はするけど。