cafe de nimben

見たものと、読んだもの

ELSA Speakで米語の発音矯正

米語の発音矯正にお役立ち。上級者向けだけど、使いやすいと思います。全部、米語でいいよ、というのであれば、(他は比べてないけれど)最強かも。

www.elsaspeak.com

ELSA Speak - Accent Reduction

ELSA Speak - Accent Reduction

  • Elsa Corp
  • 教育
  • 無料

 

知った経緯

ほう、いいのか、と思って、ホイホイ手を出して見ました。

第一印象

無料と書いてあるが、無料では上の階層のテストやトレーニングが受けられません。全機能をアンロックするためにはサブスクリプションが必要。えー、無料じゃないのか、と思って萎えていましたが、まあ、試してからの話だなと。

登録すると、使い方のオススメとして以下の三点がメールされてくる。

Tip 1. Test your voice. Find your mistakes.

Take Elsa's assessment test. ELSA will evaluate your voice and tell you where you need to improve.

 

Tip 2. Practice everyday.

Use Elsa every day for at least 10 minutes. People who practice daily with Elsa improved by 40% within their first 3 weeks.

 

Tip 3. If you get stuck on a word, just skip it.

If you cannot pronunce a word after several tries, just skip to the next word. Words you skip are saved to your Word Bank so you practice it later. Sometimes it is better to just take a break.

Elsaに話しかけてね、毎日10分やってね、うまくいかなかったらスキップしてね。

語学の王道ですね。とにかく習慣化が大事。ここで好感した。

ここがいいところ

早速やって見た。手順は単純。

  1. 起動する。
  2. コースがダウンロードされる(あまり時間はかからないが、Wi-Fi推奨)
  3. 単語ないし文章が書かれている。
  4. マイクボタンを押して、発音
  5. それをELSAが判定して、スコアをつけてくれる。間違えると、間違いやすいポイントを教えてくれる。
  6. 自分の発音も録音されているので、聴き比べができる(とても重要)
  7. 終わると、そのコースでのスコアと、累計レベルを知らせてくれて、褒めてくれる。

褒めてくれるのは嬉しいよね!

どうしても、自分は「発音したつもり」だけどできていない、というのを認めるのは難しいものだな、若さゆえの過ちというものを、ということになるので、腹は立ちますが聴き比べて把握することはとても大事。

逆で考えるとわかるのですが、英語で相手が話を聞いてあげようと思うのは、「何を言っているか、わかる」時です。これは「何を発音しているのか」「文法に沿っているか」「内容が妥当か」という三点セットが大事。で、発音が聞きづらいと、「内容が妥当か」にいくまでに予選落ちするんです。だから、発音超大事。

ちなみに、Google翻訳は、発音はあっているが、文法は結構微妙。内容は国語力の問題なので、語学という枠外で要研鑽。これってなかなかAIには置き換わらないと思いますけどね。

 

なんどやってもできない時もあるけどね! これは頑張ってミルフィーユのように積み重ねるしかない。語学は重き荷を背負って坂道を登るようなものです。

なかなかこのフィードバックがいいと思ったので、有償にすることに。The following subscription options are offer for ELSA Pro:

  • 1 month for $3.99
  • 3 months for $8.97
  • 12 months for $30
  • Lifetime for $299.99

ではあるのですが、終身会員に80% OFFの59.99USDで入れるというキャンペーンをやっていたので、Paypal経由で支払って利用。2年以上やらないと元が取れませんが、そういう追込みです、はい。

フェアのために、悪い? ところも

  • 発音は米語ベースなので、英語ベースがいい人には向きません。
  • 教えてくれるのはあくまでも英語で、日本語ではありません。
  • AIで判定しているらしく、インターネット接続環境ではないと使えません。
    ただ、待ち時間は短めで、しかもクイズの判定待ち的なワクワク感があるので、体感的にも問題ないかと。

多少ひとは選ぶと思いますが、オススメです。