cafe de nimben

見たものと、読んだもの

2020-11-01から1ヶ月間の記事一覧

特別展「桃山―天下人の100 年」東京国立博物館(後期展示)図屏風を中心に

後期展示も観に行った。一番観たかったのは、唐獅子である。 しかし、図屏風。当たり前だが屏風の大きさなので、とても大きい。絵を浴びる感覚。(流石に『ミュシャ展』ほどではないにしろ) 狩野永徳『唐獅子図屏風』右隻 (宮内庁三の丸尚蔵館) 狩野永徳 [1…

自分を甘やかす、と言うこと

3巻までkindle unlimitedで出ていたので読んでみて、面白かったので、原作版をなろうで読んでいる 穏やか貴族の休暇のすすめ。@COMIC 第1巻 (コロナ・コミックス) 作者:百地,岬,8KEY 発売日: 2019/06/01 メディア: Kindle版 休暇だと思って楽しみます。…

トーハク feat. 井上涼 @なりきり日本美術館リターンズ

特別展「桃山―天下人の100 年」の同時開催で、 びじゅチューンとの合同企画をやっていた。特別展ではないので、普通に入れます。本館一階。 cpcp.nich.go.jp これ、別に「親子企画」とは思わずに、子供でも楽しめるように工夫された美術の見方を提示する企画…

永椎晃平『星野、目をつぶって。』全13巻

人と繋がって、変わるということの、喜びと辛さの物語。 星野、目をつぶって。(1) (週刊少年マガジンコミックス) 作者:永椎晃平 発売日: 2016/07/15 メディア: Kindle版 ビルディングロマンとしてのラブコメ プログラムピクチャ的なものの寄せ集め感はあ…

特別展「桃山―天下人の100 年」東京国立博物館

新型コロナ蔓延後、初の博物館探訪。キラキラしている桃山店@トーハク! www.tnm.jp 安土桃山時代の私のイメージは、キンピカ。狩野派の皆さまが金箔を貼りまくった大きな屏風をドーーーーーンと置くイメージ。あとは、茶器。千利休による茶道の始まり。COV…