卒業シーズンなので、stanfordのスピーチを聞いてみる

スタンフォード大学の卒業おめでとうスピーチが好きだ。とりわけ以下の二つ。

2005年:steve jobs (apple CEO)

2008年:oprah winfrey (television host)

おふたりが体験してきた人生はけっこう違うのだが、シンプルに自身で指針をまとめたとき、内容がおどろくくらい似ている。
jobsは "have the courage to follow your heart and intuition" といっているし、oprahは "if it doesn't feel right, don't do it" といっている。

もちろんこれは、放縦を許しているわけではなく、「他人の人生に依存するな」ということをいっているのだが。
働くということは、常にそう言い聞かせないと、自分がやりたいことをできないということではある。