cafe de nimben

見たものと、読んだもの

surréalisme

シュルレアリスム展@国立新美術館(写真追加)

シュールリアリズムというか、シュルレアリスムというか、こいつは「わけのわからなさ」をつきつけて、見ている者のゆさぶられた感情自体を芸術とする、というものだとおもっていた。それがどうも違うらしい、ということがわかった。国立新美術館で開催され…