cafe de nimben

見たものと、読んだもの

野田サトル『ゴールデンカムイ』

和風闇鍋ウエスタン。 と言うのを公式が言うようになったのがいつかはわからないのだが、これは言い得て妙だ。 最終章突入を記念して、9月17日までの限定で「となりのヤングジャンプ」で全話無料で読めるので、ぜひ読んで欲しい。 tonarinoyj.jp 最初は、ア…

鶴谷香央理『メタモルフォーゼの縁側』全5巻完結/KADOKAWA

ほんわかとした、でも地に足のついたお話。 市野井雪(いちのい・ゆき)75歳が、偶然手に取ったBL漫画にハマる。ひょんなことから、書店アルバイトで同じ作品を愛する佐山うらら17歳と友達になる。 これが、どちらかの暴走によるスラップスティックになった…

ソフィ・シュイム(原作)泉光(コミカライズ)『図書館の大魔術師』(第5巻)

これは、読めとしか言いようがない名作。まだ5巻だから、追いつくのもかんたん。 これ、長い作品になると思うのだけど、完結はいつくらいになるんだろうなあ。最後まで追っていきたい。 [まとめ買い] 図書館の大魔術師 作者:泉光 Amazon 良い点を3つにまと…

世界観に押し切られたい

アニメやコミックを摂取するのが好きだ。 その理由が最近わかってきた。 物語のリアリティラインと、私の脳内のリアリティラインのすり合わせがうまくいくからなのだ。 文字情報だけのリアリティライン 例えば小説だと、ほぼ完全に読者の脳の中でリアリティ…

オススメ> Kindle本(特にマンガ)を、Kindleマンガ本棚から、ブラウザで読む

KindleリーダーのMac版が鈍い。 Macごと買い替えてやろうかという意味がわからないことを妄想するくらいに、腹が立っている。ページをめくりたいときにめくれない、めくるのにタイムラグがあるのってなんだそれは、UXとして最悪でしょう。そこはリッチな機能…

杉谷庄吾【人間プラモ】『映画大好きポンポさん』

素晴らしい。一人の天才映画監督が生まれるところと、それを見出し育てたプロデューサー。という話なんだけど『ハスラー』とか『スティング』のようなお話ではない。 映画大好きポンポさん (MFC ジーンピクシブシリーズ) 作者:杉谷 庄吾【人間プラモ】 KADOK…

佐々木 常夫『そうか、君は課長になったのか』WAVE出版

名著と言われるものを読んでみるシリーズ。 主に部下になる人と、どう言う付き合いをして、何を目標にしてやっていくべきか、という志の部分を問い直してくる、手紙集。 そうか、君は課長になったのか 作者:佐々木 常夫 WAVE出版 Amazon 著者の背景 いわゆる…

Kindleの使い分け

Kindleは、Paperwhiteなどのハードウェアデバイス、PCアプリ版とモバイルアプリ版がある。 私の使い分けは、何を読むか。 文字を読むときは、Paperwhite。 漫画や雑誌などグラフィカルなものを読むときはアプリ版。 Paperwhite ちなみに持っているのは、Kind…

玄奘三蔵のインド紀行ルート

『天竺熱風録』を読んでいて、この頃の世界図って頭に入っていないなと思ったので調べてみた。7世紀中盤の中央アジアから東アジアの図版です。 中国/唐 唐は、西暦618年から907年の間、中国を治めていた王朝である。遣唐使の「唐」ですね。都は長安(現在の…

原作田中芳樹・作画伊藤勢『天竺熱風録』全6巻

中国は唐の時代。貞観21年というと、647年。(日本は飛鳥時代。大化の改新の始まりとなる乙巳の変(蘇我入鹿暗殺)が645年) こんな時代に、中国から北インドに外交官として行き、捕らえられ、部下を置いて逃げ出し、文官にもかかわらずネパールから軍を借り…

田素弘『紛争でしたら八田まで』(既刊5巻)

チセイは、地政と知性。 紛争でしたら八田まで(1) (モーニングコミックス) 作者:田素弘 発売日: 2020/03/23 メディア: Kindle版 地政学の知識、数ヶ国語を操る知性、そして交渉とはwin-winであることと、それを信じさせる裏付ける力(暴力を含む)である…

芥見下々『呪術廻戦』15巻

渋谷事変編。 呪術廻戦 15 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者:芥見下々 発売日: 2021/03/04 メディア: Kindle版 いろんな描写がオマージュと言うところに目を奪われるが、描きたい本質はどこにあるんだろう、とか考える。 虎杖が考える「正しい死」が皆に等…

おかざき真里『かしましめし』4巻

どうしても一時的な再集合に過ぎないシェアハウスというか居候生活が、終わろうとしているのかな。 かしましめし(4)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS) 作者:おかざき真里 発売日: 2021/04/24 メディア: Kindle版 癌の受容段階として、「1.否認⇒2.怒り⇒3.…

鶴淵けんじ『峠鬼』(既刊4巻)

時空を超えた、日本の昔のお話。主人公の一人が役小角なので、ベースは7世紀(飛鳥時代)くらい? 峠鬼 1 (HARTA COMIX) 作者:鶴淵 けんじ 発売日: 2019/08/10 メディア: Kindle版 話の竜骨は、一言主と役小角のお話。 役小角は修験道の開祖とも言われる、…

大河原遁『王様の仕立て屋』シリーズ

スーパーな腕を持つ職人が縦横無尽に活躍する短編連作的な作品は、手塚治虫『ブラック・ジャック』を含めて種々あるが、これはつまり落語なのだな、と言うことに気づいた。 王様の仕立て屋〜サルト・フィニート〜 1 王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ (…

萩尾望都『一度きりの大泉の話』竹宮惠子『少年の名はジルベール』

大泉サロンの話を、恥ずかしながら全く知らずに読んだ。 一度きりの大泉の話 作者:萩尾望都 発売日: 2021/04/21 メディア: Kindle版 【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール (小学館文庫) 作者:竹宮惠子 発売日: 2019/11/06 メディア: Kindle版 読んだ順…

大窪晶与『ヴラド・ドラクラ』1-4巻(続刊)

ワラキア公国の君主ヴラド三世(1431年 - 1476年)が主人公の史実寄りのコミック。 ヴラド三世といえばドラキュラのモデルで、その血生臭さは串刺し公としての悪名なのだが、大国に挟まれた弱小国の、しかも政治基盤が弱い王としての、まあ出世物語と思って…

庵野秀明総監督『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』2021

いろんな考察はこれから出てくるんだろうけど、きちんと卒業できてよかったね、庵野さん、と言うお話。 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告・改2【公式】 退学からの、復学、卒業 テレビ版(1995−1996)から数えて約25年の卒業かな、と言う感じ。この作…

Daft Punkが解散するので、あの時代のエレクトロダンスミュージックを

解散宣言? Daft Punk - Epilogue Daft Punk の代表曲といえば one more time(2000) 松本零士監督のアニメPV。ディスコっぽいけどテクノで松本零士って、情報量が多すぎて頭がバグったのを覚えている。 Daft Punk - One More Time (Official Video) のちに …

郭敬明『陰陽師: とこしえの夢』2020/中国

伝奇アクションブメロドラマ。 夢枕獏原作を、中国&NETFLIXで。 『陰陽師: とこしえの夢』予告編 - Netflix 日本版といえば野村萬斎主演の2001年版なのだが、20年経ったらああなるのね。 陰陽師(予告編) 個人的には夢枕獏原作であれば、岡野玲子版の漫画…

スタンリー・キューブリック『フルメタル・ジャケット』(FULL METAL JACKET) 1987米

なぜか、今更初見。 これが元ネタか、というのが多すぎて、話の筋というよりもそっちの方が気になってしまった。 フルメタル・ジャケット (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video 謎を提示した後で、観客の「なぜ」で物語を引っ張り、大団円に持…

ヤマシタトモコ『違国日記』(7) 祥伝社

この物語を読んでいると、自分の言葉だけで生きていけたらいいなあ、でもできないないなあ、それでも自分の言葉を紡ぐことは大事だなあ、尊いなあと思う。 Death Happens but never die youngという朝が着ているTシャツが好きだ。 ちょっと意訳になるが「い…

あfろ『ゆるキャン△』芳文社(既刊11巻)

こういう状態だと、アウトドアしたくなるのだが、その欲を程よく満たしてくれるほのぼのキャンプ漫画。 ゆるキャン△ 11巻 (まんがタイムKRコミックス) 作者:あfろ 発売日: 2021/01/07 メディア: Kindle版 なんと言っても、キャラクターたちがいい。 悪い…

カルロ・ゼン、東條チカ『幼女戦記』(20)/KADOKAWA

ジャンルとして、異世界や戦記だけでなく、ダークファンタシーと称しているのが、このお話のミソだよなぁ。 幼女戦記(20) (角川コミックス・エース) 作者:東條 チカ 発売日: 2020/12/26 メディア: Kindle版 ハードさが同程度で、原作者が同じカルロ・ゼンの…

2020年の振り返り

COVID-19の影響も否定はしないが、かなり迷走していた。 基本が在宅勤務になったことで、生活のリズムを変えるのがちょっと難しかった。仕事はどこででもできる派なのだが、いつ起きて、いつ寝るかを含めて、どういうリズムを主体的に作るかは重要で、会社に…

2020年面白かった美術展

と言っても、全然見に行けていないので、ランキングは無しです。恨むべし COVID-19。 在宅勤務で鬱々としていたというか、気分転換がしづらい状況にいたので、いかに美術展に行くのが自分にとっての癒しになっていたか気づいた一年でした。特に後半。 今年は…

今年読んで面白かったマンガ2020

まあ、今年を一言で言うと「鬼」かな。 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』(全23巻完結) 田島列島『水は海に向かって流れる』(全3巻) アベツカサ/山田鐘人『葬送のフリーレン』 とよ田みのる『金剛寺さんは面倒臭い』 大童澄瞳『映像研には手を出すな!』 宇佐崎しろ …

『琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術』(前期)@アーティゾン美術館

アーティゾン美術館初参戦。 前身のブリジストン美術館も、多分行ったことがないので、本当の初参戦。 東西都市文化ということで並べるのが正解だったかは、正直よくわからなかった。ファンゴッホ+浮世絵くらい近いとわかるんだけど。 しかし、琳派の名品は…

特別展「桃山―天下人の100 年」東京国立博物館(後期展示)図屏風を中心に

後期展示も観に行った。一番観たかったのは、唐獅子である。 しかし、図屏風。当たり前だが屏風の大きさなので、とても大きい。絵を浴びる感覚。(流石に『ミュシャ展』ほどではないにしろ) 狩野永徳『唐獅子図屏風』右隻 (宮内庁三の丸尚蔵館) 狩野永徳 [1…

自分を甘やかす、と言うこと

3巻までkindle unlimitedで出ていたので読んでみて、面白かったので、原作版をなろうで読んでいる 穏やか貴族の休暇のすすめ。@COMIC 第1巻 (コロナ・コミックス) 作者:百地,岬,8KEY 発売日: 2019/06/01 メディア: Kindle版 休暇だと思って楽しみます。…