cafe de nimben

見たものと、読んだもの

キャンプにハマりつつある

昨年から、キャンプにハマりつつあり、道具を見るのが楽しい。 ひと段落したら、そのあたりの事を書くかも。

2022年面白かった美術展

コロナが落ち着いて来つつあるので、ちょっとは行けた。 2021年はどこにも行かなかった(行けなかった)ことを考えると、良化。 フェルメール 知識的に面白いなあと思ったのは、春のフェルメール。フェルメール『窓辺で手紙を読む女』の修復前後を見ることが…

京都・智積院の名宝 @サントリー美術館

トーハクの国宝展繋がりで、長谷川派の図屏風があると聞き、参上。 長谷川等伯やその息子の久蔵の図屏風(国宝)も良かったが、全く予期していなかった堂本印象の図屏風も良かった。こういう良き出会いって素敵。 長谷川等伯 楓図 Asie - auteur: Akiyama Te…

東京国立博物館創立150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」@東京国立博物館

概要 場所:東京国立博物館 平成館 特別展示室期間:2022年10月18日(火) ~ 同年12月11日(日) 作品リスト 概要:150年記念ということで所蔵する国宝89件を全て展示+この150年の振り返り。 個人的一押し 尾形光琳『風神雷神図屏風』(前期展示。江戸時代…

ディストピアの中で、楽しく生きる?

世界がどんなに「正しい」としても、それが自分に合わないのであれば、声を上げて、自分らしくありたいと願う主人公が悪戦苦闘して、最後にそれを得る、というのがエンターテイメントの類型の一つだと思う。 特に近年は「私が私らしくある」ということを描く…

特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」@東京藝術大学美術館 (2022/8/6 - 9/25)

狩野永徳の唐獅子さんと、伊藤若冲の動植綵絵が見たくて。 本展は、宮内庁三の丸尚蔵館が収蔵する皇室の珠玉の名品に、東京藝術大学のコレクションを加えた82件の多種多様な作品を通じて、「美の玉手箱」をひも解き、日本美術の豊かな世界をご覧いただくもの…

Macの買い替えとKindle for Mac

Macを買い替えた。 Mac購入理由 いろいろなアプリの起動や動作が遅いのが、かなり気になってきたので。特にOffice 365は起動までに数分かかるため、実用の域を超えてしまった。 iMacは late 2015 版だったので、流石にお疲れ様、というところ。 あと、買うな…

魚豊『ひゃくえむ』(全5巻)

ひゃくえむ = 100m 陸上競技の100m走の話。 ひゃくえむ。新装版 上 (マガジンポケットコミックス) 作者:魚豊 講談社 Amazon 舞台は100m走の話だが、自分の尊厳とどう向き合うか、という話。 そういう意味では、『チ。』とも通じるものがある。 nimben.hatena…

オノ・ナツメ『BADON』(既刊5巻)

『ACCA13区監察課』の世界で、時系列はちょっと後の話。 ラスベガス的な自治区であるヤッカラの刑務所に収監されていた囚人四人が、刑期を終えて出てきて、首都BADONでタバコ屋を始める。 BADON 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 作者:オノ・ナツメ…

オノ・ナツメ『ACCA13区監察課』(全6巻)

「もらいタバコのジーン」が、タバコをもらうことで転がる物語。 ドーワー王国は13の自治区で構成されており、それぞれがかなり異なるキャラクターを持つ。これを統一的に束ねる官僚組織がACCA。ACCAは平和の象徴の赤い鳥。各自治区の支部を監察するのが、監…

アベツカサ/山田鐘人『葬送のフリーレン』(8巻。続刊中)

文章としてはとても明瞭なのに、意味が全く取れない、ということを経験したことはないだろうか? 葬送のフリーレン(8) (少年サンデーコミックス) 作者:山田鐘人,アベツカサ 小学館 Amazon 第一巻からは、1000年以上生きるエルフと100年も生きない人間との…

夢枕獏原作、谷口ジロー作画『神々の山嶺』(かみがみのいただき)

山に登るということの凄み。 神々の山嶺 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者:夢枕獏,谷口ジロー 集英社 Amazon 神々の山嶺(上) (集英社文庫) 作者:夢枕獏 集英社 Amazon ヒラリーとテンジンよりも先にエヴェレストに登頂したことがある人がいるかも…

アンディ・ウィアー 『プロジェクト・ヘイル・メアリー』/ Andy Weir "Project Hail Mary" (2021)

大傑作のSF小説。 プロジェクト・ヘイル・メアリー 上 作者:アンディ ウィアー 早川書房 Amazon 同著者の『火星の人』ないしそれの映画化『オデッセイ』*1 がお好きであれば、気に入ること間違いなし。 読むにあたって、主人公の一人称小説なので、主人公が…

自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで@国立西洋美術館 (2022/6/4-9/11)

19世紀から20世紀のかけての日独収集のオールスター! 松方コレクションとドイツのフォルクヴァング美術館が収集していた大体19世紀後半から20世紀前半までの作品のいいところを集めて展示してある感じ。このため、超目玉の作品を中心に、と言うよりもこの年…

ゲルハルト・リヒター展(東京国立近代美術館)(2022/6/7-10/2)

東京では初めての個展。110点ほど展示されている。私はリヒターってよく知らなかったので、概要が掴めてよかった。 richter.exhibit.jp 配られるパンフレットも、作成年代によって色々あるキーワードの簡潔な説明があって、初心者である私にはとても嬉しかっ…

魚豊『チ。-地球の運動について-』(第8巻/最終巻)

収まるところに収まって、きちんと終わってくれてありがとう。 井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る。 15世紀という、今では考えられないほど知の流通がなされていなかったカエルは、地動説という大海を知ることはできなかった。しかし、自分がい…

007 No Time to Die で引用されている言葉

ネタバレ前提なので、未見の方はご注意を。 MによるJame Bond への哀悼の言葉 The proper function of man is to live, not to exist. I shall not waste my days in trying to prolong them. I shall use my time. 拙訳では、 存在することではなく、生きる…

Cary Joji Fukunaga 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』"007 No Time To Die" (2021/米)

これは傑作。 タイミングが合わず劇場で見ることができなかったことを悔やむ。 www.youtube.com 映像が美しい なんといっても、映像が美しい。構図も、色彩も。 ノルウェー、イタリア、ジャマイカ、キューバ、イギリスなどなど、ハリウッド大作ならではの世…

IMAXとドルビーシネマを調べてみる

簡単なまとめ IMAXは、スクリーンがでかい。 ドルビーシネマは音がいい。 といっても、IMAXはIMAXで、音質にも拘っているし、ドルビーシネマも画質に拘っているので、お好みで、ということになりそう。 IMAX IMAXも、プロジェクタに違いがある。 デジタル: 2…

トニー・スコット『トップガン』(1986米) / Tony Scott "TOP GUN"

amazon prime videoで鑑賞。(見放題対象) www.youtube.com 映画館でリアルタイムには見ていなかった。それでも、誰もが知っているという作品だった。テレビ放送した時に見ているはずなのだが、内容はほとんど忘れていた。 『マーベリック』の後に見ると、…

ジョセフ・コシンスキー/Joseph Kosinski『トップガン マーヴェリック / Top Gun: Maverick』(2020米)

冒頭だけで500,000,000点。どうぞ、頭を空にして映画館へ。IMAXで視聴。 www.youtube.com 迫力ですわ。まず、絵と音。 現役海軍トップパイロットが操縦するF-18にIMAXカメラをのせて撮影*1なので。IMAXのスクリーンとサウンドで楽しむのに最適なので、映画館…

ソフィ・シュイム(原作)泉光(コミカライズ)『図書館の大魔術師』(第6巻)

一般的には、メディナ・ハハルク回と言われるのだろうけど、私にはイシュトア先生回ですね。素敵。 図書館の大魔術師(6) (アフタヌーンコミックス) 作者:泉光 講談社 Amazon 少年マンガの良さの一つに、まだ何者でもない少年が、何かになりたいと痛切に願…

福本伸行『賭博黙示録カイジ』

Kindle Unlimited に入っていたので、今更ながら、読んだ。 こう言う話だったのか。「ざわざわ」「圧倒的ーー」など、コマを切りはりした引用は多く見ていたのだが、オリジナルを読んで合点がいった。 現時点でUnlimitedに入っているのは、以下の3シリーズ…

木村元彦『オシム 終わりなき闘い』 (小学館文庫) Kindle版

日本代表監督を退任後、母国ボスニア・ヘルツェゴビナの2014年ブラジルワールドカップ出場の話を中心に。 オシム 終わりなき闘い (小学館文庫) 作者:木村元彦 小学館 Amazon 「正常化委員会」という、全くもって正常な状態でないことを表す委員会。 FIFAから…

木村元彦『オシムの言葉』 (集英社文庫) Kindle版

歴史に「たら、れば」はないのだが、オシムが日本代表を率いて2010年W杯南アフリカ大会に臨む未来を見たかった。 2022年5月1日没。 紙の本でも持っていたと思うが、今回Kindleで買い直して再読した。 オシムの言葉 (集英社文庫) 作者:木村元彦 集英社 Amazon…

斉木久美子『かげきしょうじょ!!』白泉社(12巻)

9巻から続く、『オルフェウスとエウリュディケ』編。 かげきしょうじょ!! 12 (花とゆめコミックススペシャル) 作者:斉木久美子 白泉社 Amazon 「全は個にして、個は全なり。個は孤にあらず」 『鋼の錬金術師』にも出てくる「一は全。全は一」ににているが…

ヤマシタトモコ『違国日記』第9巻

前回の感想で、こんなことを書いた。 朝の、たまにちょっとおバカさんかもと思う時もあるけど、てらいなく人に質問をぶつけることができる、という点に対して、私はすごく尊敬する。 nimben.hatenablog.com 今回は、あえて言えば「才能」って何、かな やばい…

野田サトル『ゴールデンカムイ』(連載最終回と期間限定全話無償公開)

大幅加筆がある模様なので、単行本派の人も、連載版を読むといいし、まだ読んだことがなければ、無償だし、登録も不要なので、立ち読みみたいな感じで読んでみるといい。 外伝とかいくらでも作れると思うけど、本伝としては314話で、キレイに終わる。 tonari…

源頼光の鬼退治、酒呑童子編

こちらで出てくる nimben.hatenablog.com 3巻の扉絵は、源経基。その子が満仲、孫が頼光。 そして、鬼として描かれている、酒呑童子、紅葉と茨木。 この鬼たちは頼光時代の伝説で、将門の物語とは別。このため、本編ではおそらく頼光はもうでてこないとおも…

夢枕獏・伊藤勢『瀧夜叉姫 陰陽師絵草子 』(第3巻)

少しずつ、少しずつ、大きな幹が見え始めてきたかも。 今までほぼバラバラだったエピソードが線でつながり始めた。さらに後で辻褄が合ってくるのかもしれない。(楽しみのために、夢枕獏の原作は読まないでおこう) 表紙は、平将門。きちんと異形として左の…