cafe de nimben

見たものと、読んだもの

仏像・仏画

0F: アジアパビリオン [通常展1/9] @アムステルダム国立美術館

レンブラントシリーズ書き終えたので、そのほかのアムステルダムを。 ここからはアムステルダム国立美術館の通常展について9回で書きます。収蔵品が多くて長くなってしまった。 ヨーロッパ式なので、地上階=0階、1階、2階という表現になる。日本だとこれで1−…

京都大報恩寺 快慶定慶のみほとけ @東京国立博物館 平成館

平成館の二階全部と思っていたら、半分はデュシャン展だったので、床面積的には小さい展示。(サントリー美術館くらい?) しかし、仏像は慶派の良い感じ。 www.tnm.jp www.tnm.jp 仏像だけじゃないけどね。 北野経王堂図扇面 室町時代・16世紀なんて、立体…

京都・醍醐寺 真言密教の宇宙@サントリー美術館

『阿・吽』から空海づいてる。醍醐寺は、空海の孫弟子の聖宝が開祖の真言密教のお寺。「醍醐の花見」の醍醐寺でもある。 構成は編年体っぽく、開山から年代別に流れていく。 展示替リストを見ると、九州国立博物館でほぼ同じ内容のものが2019年1月から3月に…

平成30年新指定国宝・重要文化財 @東京国立博物館

「名作誕生」からの流れで見に行きました。同じチケットで、追加料金なく拝見 www.tnm.jp 文化庁による理由づけと写真などは、こちらの報道資料参照のこと 報道発表 文 化 審 議 会 答 申 ~国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定について~ http://www.bunk…

名作誕生 つながる日本美術 @東京国立博物館平成館

キューレーション萌えの私としては、とても満足でした。幸か不幸か空いていて自由に徘徊できたし。 www.tnm.jp先に読むか、あとで読むかは別として、公式ページの解説は充実しているので、ぜひご覧あれ。 今は悪食な感じで色々見てみたい。しかし、自分で何…

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ展」プレミアムナイト① 仁和寺・国宝「三十帖冊子」全帖公開記念!ナイト@東京国立博物館 (3/3)

対談が終わってからの約1時間が、閲覧タイム。 人数が300名限定だったので、ゆっくりと閲覧できました。 第1章 御室仁和寺の歴史 第2章 修法の世界 第3章 御室の宝蔵 第4章 仁和寺の江戸再興と観音堂 第5章 御室派のみほとけ 私の興味は、大きく分けて、「三…

興福寺中金堂再建記念特別展『運慶』@東京国立博物館平成館

素晴らしかったのは、間違いない unkei2017.jp 運慶 vs 快慶 運慶と快慶は日本史でワンセットで習う。 ことし(2017年)の春に、奈良で快慶展をみた nimben.hatenablog.com 快慶には、阿弥陀如来を作り続けた静謐な木造彫刻職人という感覚を持った。 運慶に…

奈良国立博物館『特別展 快慶』

快慶は、すごく繊細な職人肌の仏師だと感じるようになった。 私が頭の中で「運慶快慶」とごっちゃにしている最大の理由は東大寺の南大門の仁王像。しかし、ほとんどが快慶のものを集めたもので見ると、快慶の像がくっきりしてきた。今わかっている快慶作の仏…

運慶快慶をみるとなると

関東ではなかなか厳しいことがわかってきた。 1. 横須賀の浄楽寺 運慶作の阿弥陀三尊像、不動明王立像、毘沙門天立像(重要文化財) 3/3と10/19のみ一般公開。ただし事前予約をすればその限りではないらしい kamakura-guide.jp 2. 金沢文庫の称名寺光明院 こ…

自分は四捨五入して三次元が好きだと言うことがわかった。『修理完成記念 国宝 鳥獣戯画と高山寺』@京都国立博物館

京都国立博物館に行ってきた。狙いは鳥獣人物戯画である。鳥獣戯画―国宝絵巻 (双書美術の泉 6)発売日: 2003/02/28メディア: 単行本ETVの特集などで、予習はばっちり。烏帽子の裏映りの新発見などはワクワクして、よーし実物見ちゃうぞ、だったのだ。が。一番…