cafe de nimben

見たものと、読んだもの

琳派

名作誕生 つながる日本美術 @東京国立博物館平成館

キューレーション萌えの私としては、とても満足でした。幸か不幸か空いていて自由に徘徊できたし。 www.tnm.jp先に読むか、あとで読むかは別として、公式ページの解説は充実しているので、ぜひご覧あれ。 今は悪食な感じで色々見てみたい。しかし、自分で何…

『燕子花図と夏秋渓流図』 @根津美術館

ついに、国宝燕子花と、お庭燕子花の共演を見ることができた。 もちろん、根津美術館ご自慢の国宝『燕子花図屏風』(尾形光琳)と、裏庭の燕子花のことである。 燕子花図屏風 尾形光琳筆 右隻 By 尾形光琳 - Nezu Art Museum, パブリック・ドメイン, Link 同…

「リニューアル記念 特別名品展 + 杉本博司「海景 – ATAMI」」@MOA美術館

ある意味これも初詣 www.moaart.or.jp 行き方 建物にはいると 展示物 環境 国宝 紅白梅図屏風/ 尾形光琳 聖徳太子立像 阿弥陀三尊 その他 行き方 けっこうな上り坂なのでJR熱海駅からバスが楽ですね。170円でMOA美術館が終点。Suicaなどの電子マネーはつかえ…

鈴木其一 『江戸琳派の旗手』 @サントリー美術館

私にとって、紙のきんきらきんは、2種類ある。狩野派と琳派だ。 私にとっての狩野派と琳派の違いは、威風堂々と軽妙洒脱だ。 いまは軽妙洒脱がとても好みなので、昨年末から楽しみにしてきた。 時代的には、異国船が来始めて、江戸から明治への動乱期に差し…

尾形光琳300年忌記念特別展「燕子花と紅白梅」MOA美術館

光琳アートと称し、尾形光琳300年忌を記念してMOA美術館で開催されている展示会。尾形光琳の『紅白梅図屛風』(MOA美術館)と『燕子花図屛風』(根津美術館)という国宝屏風画を対にしてみることができるという貴重なもの。 生で見るのは初めて。 対でみるもの…