cafe de nimben

見たものと、読んだもの

原三渓の美術 @横浜美術館

三渓なる人物を知らなかったのだが、孔雀王は大好きということで行ってみたが、いやいや大コレクターですね。下村観山の生活の面倒も見るとか、パトロンでもあり。

アーティストとしての原の、白蓮はなんとも穏やかで静謐で、夏の朝の夜明け直後のような爽やかさ。ああいうのを一幅置いて、お抹茶をいただくと気持ちよさそうです。眼福でした。

 

孔雀明王像 

今は東京国立博物館に所蔵されている国宝の『孔雀明王像』(平安時代

Kujaku Myoo.jpg
By 不明 - uwEm0Ca3wrGrww at Google Cultural Institute maximum zoom level, パブリック・ドメイン, Link

 

平安時代のものにしては紙があんまり茶色く変色していなくて、くっきり綺麗でした。

遠くから眺めても、近くから詳細をみても、どちらも美しい。

円山応挙『中寿老左右鴛鴦鴨』

顔の精密さ、鳥の精密さ。精密なのにいい構図。いいバランス。

原三溪の美術 伝説の大コレクション | 取材レポート | インターネットミュージアム 

本阿弥光甫(空中斎)『梅に鶯図』

小ぶりな作品だが、鉛直に立ち上がる二本の枝が、にょほっとしていてよい。

クスッとまろやかな気分でお茶をいただけそうな掛け軸。

下村観山『大原御幸』

ただ美しい。精密さと彩色と、省略と。

ima.goo.ne.jp

 

久住守景『加茂競馬』

これ1番好きかも。楽しげな笑い声が聞こえる。先行する馬が振り返ってるのは、煽っているのかな?

当たり前だが、ベジェ曲線ではかけない主線

馬の博物館

 

色々あって楽しいのと、展示替えが多いので、近ければ何度か行かれると吉かも。再訪割引あるようですし。

 

コレクション展

コレクション展も良かった。

いきなりセザンヌで始まって、いろいろ。

イサム・ノグチ、ダリ、ピカソマン・レイなど。

奈良のこんな大きいのも初めてかな。

 

写真も充実してた。

沢田教一の写真、初めて生で見たかも。

木村伊兵衛はきちんとまとめて見てみたいなあ。

スペイン内戦とか、ノルマンディー上陸とか、ロバートキャパも初めてかもしれない。

有名なヤツだと、戦勝が決まってニューヨークで水兵さんが女性とキスしてるヤツあった。

ドイツ占領中にドイツの見方をしたとして糾弾されるフランス人女性の図を見て、『愛と哀しみのボレロ』を思い出すなど。

 

具象図を見て、写真を見て、抽象図を見ると、写真があるのにあえて絵なのはなぜか、という問いが常に頭の片隅で鳴る

 

今のところ、抽象画を描くのは、具象から何かを取り出してチャンクアップした時に、それを純度高く定着する手段だと思っていて。

その、言葉にも形にもできない何かに対峙して浸るのが好き。

なので、抽象画は抽象画の作者の頭の中を想像するという、不可能な対話なのだ。

だから、ノイズはいらない。

ロスコールーム行きたいな。

 

 

 

 

塩田千春展:魂がふるえる@森美術館

塩田千春の展示は、『不確かな旅』の写真のイメージが峻烈だった。が、生で観ると別のもののようだった。

f:id:nimben:20190809191944j:plain

入り口からなるべく全体を撮ってみる。天井の高さも活かされていて、人が赤い糸の渦に飲み込まれているようにも見える。

照明も赤い糸越しになるので、空間全体がほんのり赤い。森美術館の公式ページにある2016年版の写真は、壁や床がもっと白い。これが、一本の線の持つデジタルな赤さと、複数連なった時の赤さの深みと、透過してきた光による浅い赤さと、という赤さのアナログな重層感と統一感。そこにいる観覧者という異物感という、居心地の良さと悪さを一緒に感じる。

 

部分だけ切り出すとこんな感じ

f:id:nimben:20190809192037j:plain

写真の時は、草間彌生に通じる露骨な生存欲のように思っていたのだが、生で観ると、人が人の形を失って天に還る様子のように思えた。糸の赤さが血を連想させたのかもしれない。

一度そう見えると、糸はこの世とあの世をつなぐ何かのように見えた。(この世の人と人をつなぐものに見えないというのもまた面白い)『静けさのなかで』で燃えて自らは立つことができない椅子が、糸によって生前の形で立っているのも、亡霊のように見えてしまう。

『静けさのなかで』

f:id:nimben:20190809193432j:plain

なぜだろうすごくネガティブに、あの世からの因果律のような、自分をマリオネットのように操ろうとする糸のようにも思えた。糸の色が黒いからだろうか。あるいは先にボルダンスキーをみているせいだろうか。

逆に、白い糸だとどうなるのだろう。でも糸が見えるためには部屋が黒くなければならず、となるとやはり闇を感じてしまうのかもしれない。

 

『集積―目的地を求めて』

f:id:nimben:20190809194029j:plain

個人の記憶がバッグに詰められて、あの世に還っていくように見えた。カバンが不規則に動くのも、目で見る心音のように感じた。

 

死を読み取ってしまったのは、作者もガンが再発しているということがわかった中で作っていった作品群ということもあるかもしれない。

ただ、死に対して「生きていたい」「まだ死ねない」という怨念じみた感覚は感じなかった。ただ、運命というもの、メタに解釈したらこんな感じになるのかもという冷静さと、死ねば今まで生きていた私という存在はどうなるのかと、統一的ではない混ぜこぜになった見解が多面的に見えてくるような、感じだった。ボルダンスキーを直前に見ていなければ、また別の感情が起こったかもしれない。

 

併せて観てみて

東京という街は、美術館的意味ですごく恵まれている。美術館をハシゴできるのって、なかなかない。

 

 

 

www.mori.art.museum

 

bijutsutecho.com

クリスチャン・ボルダンスキー『Lifetime』@国立新美術館

お盆が近いせいか、死というか冷凍された過去を解凍するような展示会のように見えた。

この直後、塩田千春を見にいったのだが、なんとなく繋がっているような感じでよかった。死と不在と記憶。

どちらの作家さんも初見で、予備知識なし。

クリスチャン・ボルダンスキー『Lifetime』@国立新美術館 

ボルダンスキーの展示は、展示室に入った瞬間の暗さからして、死を思い起こさせるものだった。

たくさんのぼんやりとしたモノクロ写真、祭壇として飾られたり、長方形に飾られたりする。どうしても、IWMのホロコースト展示映像が連想された。 『保存室』というコートが単に大量に吊るされているのは、ガス室送りになった人たちのそれを彷彿させる。

そんな中で、ちょっとかわいい死神が影絵で示される。誰かの悪意で戦いの末に敗れるというよりは、幼児が無邪気に虫の頭を引き抜くような、そんな圧倒的な無力感に出会ってしまうような死。

その直後に、現れる巨大な『ボタ山』もそう。たくさんの同じ色のコートがボタ山のように積み上げられる。廃棄物としての遺体。

懐かしいあの人の記憶、ではなく、人がモノにされてしまうという即物的なマクロな死。死という運命に会ってしまった、というような。

その後に展示される、『アニミタス(白)』や『ミステリオス』などは、死んで、いったん融けて、霊とか何かになった後に人類のいない荒涼とした下界をみているような感じだった。人がいなくなったが、その香がかすかに漂って消えていく様子を観察するような。

自分にとってのみ通じる景色ではないのに、自分の極々私的な所に刺さっていくというのは、なかなか面白い。

 

美術手帖による記事。展示の写真も豊富。

bijutsutecho.com

 

今回(2019年)の展示に関するインタビュー

bijutsutecho.com

 

2016年の庭園美術館で行われた大規模展示の際のインタビュー

bijutsutecho.com

 


クリスチャンボルタンスキー Lifetime 30

 

ボタ山を作っているところなど


クリスチャンボルタンスキー Timelapse

 

 

 国立新美術館の公式ページ

www.nact.jp

 

IWM Londonこと帝国戦争博物館 London

Vauxhall で降りたら、考えるのは二つ。Tate Britain とIWMこと帝国戦争博物館のどちらに先に行くか。

ついたのが9:30ごろ。開館はどちらも10am。となると待つのがだるいので、遠い方から攻める。となると、IWMである。

 

 

帝国戦争博物館は、すごかったのだ。体験型、戦史博物館といおうか。

 

外観と概要

f:id:nimben:20190324095357j:plain

IWM London with 15 inch naval guns

 

f:id:nimben:20190324095700j:plain

ベルリンの壁

帝国戦争博物館の概要 

IWMは5ヶ所にありますが、全てがロンドンにあるわけではありません。

ロンドンにあるのは、以下の三つ

ロンドン以外に、後二つ

IWM Londonは、第一次世界大戦から現在までのイギリスが関わった戦争の歴史を展示している。

 

吹き抜け

入った瞬間0-3階までの吹き抜けで著名なものが展示されている。

ダンケルク』でも有名なスピットファイアに、第二次世界大戦でドイツ軍のロンドン爆撃に使われたV1、V2も。ソ連の戦車T34なども。

f:id:nimben:20190324100410j:plain

スピットファイア

 

f:id:nimben:20190324110836j:plain

V1, V2, ハリアー

フロアプラン

f:id:nimben:20190324104511j:plain

floor plan

0Fが、第一次世界大戦。「世界大戦」という概念がなかったところの理解から、泥沼の塹壕戦、それから和平会議までを描く。

1Fが、第一次世界大戦後から、第二次世界大戦終結まで。

2Fが、1945年から2014年まで。第二次世界大戦後から9.11くらいまで。(911は2011年だから、そのちょっと先まで)

3Fが、特別展

4Fが、ホロコースト

 

選べと言われれば、0Fの第一次世界大戦と4Fのホロコースト。どちらもインパクトがすごかった。

 

1F: 第一次世界大戦 

日本から見ると第一次世界大戦はあんまり大きくない。少なくとも本土が直接攻撃された第二次よりは。このため、今ひとつ「世界大戦」というのがよくわからない。

 

複雑に入り乱れる諸国の思い

1870:普仏戦争(この過程でドイツ帝国誕生。フランス破れる。恨みが残る)

1882: 三国同盟(ドイツ(独)、オーストリアハンガリー(墺)、イタリア)

1887:独露再保障条約

1890:独露再保障条約更新せず、独墺同盟(ドイツが、協調先をロシアからオーストリアハンガリーに変える)

1892:露仏同盟(ドイツに振られたロシアは、ドイツの仇敵フランスと組む)

1902:日英同盟(英「栄光ある孤立」政策の破棄)

1904: 英仏協商

1905: 第一次モロッコ事件:独仏緊張高まる

1907: 英露協商(これにより、英仏露の「三国協商」なる)

1908: 墺、ボスニアヘルツェゴビナ併合。露に、墺への敵対心醸成

1911: 第二次モロッコ事件:独仏緊張激化。英仏接近。

1911: 伊土戦争(1912まで。イタリアとオスマン帝国の戦争。オスマン帝国弱体化露呈> 第一次バルカン戦争へ)

1912: 第一次バルカン戦争(1913年まで。露の後ろ盾でバルカン同盟がオスマン帝国と。オスマン帝国敗北し、欧州権益をほぼ失う)

1913: 第二次バルカン戦争(バルカン同盟の中でブルガリアが分け前を不服として、バルカン同盟のセルビアギリシアを襲ったもの。内輪揉めのはずが、ルーマニアオスマン帝国ブルガリアに参戦するという泥沼に。コソボ紛争の遠因)

1914: セルビアで、墺の帝位継承者フェルディナンド大公が爆殺される

墺は、セルビアに対する緊張を高める > 独墺は連携することを同意「白紙小切手」

対して、仏は露に、対墺強行路線を迫る。セルビアは露を頼る。露は対墺動員をかける。

墺は、セルビアに宣戦布告、その後露に宣戦布告。

独は、露に宣戦布告、その後、仏に宣戦布告

英は、独に宣戦布告

という感じで、泥沼が始まる。(大戦中もまた刻々と力関係が変わるので複雑にバタフライエフェクトのようにぐるぐるします。最大はロシア帝国が倒れてソ連が誕生することですが)

 

というのは、複雑怪奇でわからないわけです。この年表読むだけでも、ややこしくないですか?

独墺 vs 英仏露 という単純な図式じゃないんだよってのがわからないと、第一次世界大戦はわからない。 

 

ということで、すごいのがIWMの見せ方。

当時の本物ないし、正確なレプリカ。ブツの事実で語る。どういう聖戦だったか的な装飾はほぼなし。なるべく見る人に自分で判断させるように。悲惨だったところはあまり隠さず、ありのままっぽく。

書籍デザインでいうところのジャンプ率が高く、大事なところとそうでないところを明確にして、本筋を外さないようにする。

言いたいところは、メリハリの効いた短めの動画で。

例えば、戦前の政治状況。戦争前は列強バラバラだったが、ドイツとオーストリア=ハンガリー帝国が組み、対抗して、フランスとロシアが組み、長年の宿敵だったイギリスがフランスと組み、と、ドイツ組みとそれ以外に世界が分かれた様子が、とてもわかりやすかった。

これらは、テーブルに映し出すタイプ。プロジェクションマッピングなどを駆使し、手を動かすと反応するなどのインタラクティブな感じを随所に見せ、観覧者が飽きない工夫。ここは、というところは、16:9のモニタを横に三面で並べたものなどで映す。

しかも大筋とは外れたところは、オプションとして。大筋はシネマのようなスクリーンや三次元の体験型としてと言うメリハリもある。

 

また、体験させるという見せ方も多い。

塹壕のレプリカの中を歩かされたのはなかなかすごい体験でした。『西部戦線異常なし』を見て、なんとなくわかった気でいたが、歩くとまた違う。それまでの展示で、いかに塹壕で膠着したかを予習したからもあると思うが。たまに音がするのよ。軽い銃声とか。本当にはジメジメしていなかったからそこまでではないが、雨水がたまった塹壕にというと、いやーんな感じが体験できておススメです(イヤミスかよ)

 

塹壕戦で膠着、泥沼化、毒ガスや戦車などによる、さらなる兵器の開発、民間人の犠牲など。

こんなに泥沼なんだとは知らなかった。

そして、第一次大戦が、列強の講和会議で終わる。

と、ヘトヘトになるほど、これが0階だけであるのだ。

 

1F: 第一次世界大戦後から、第二次世界大戦終結まで

これ、すごいなと思ったのが、モータリゼーションについて展示しているんですよ。

モータリゼーションがあったからこそ、各種機動力が増して、第二次世界大戦があんな戦い方になったと示す。

戦争を示すのに、兵站を示すのがプロと言いますが、さらにその手前のことを見せていくのが、またキューレーターがすごい。

 

インドでイギリスと交戦しているので、ちょっとだけ日本コーナーあります。

当たり前ながらイギリス視点なので、欧州戦メインですが。

f:id:nimben:20190324105626j:plain

エニグマ / enigma

2F: 1945年から2014年まで。

現代戦の装備とか。個人的にはこれが展示されていると言うのが、イギリスにもインパクトを与えていたのだなと。

f:id:nimben:20190324111453j:plain

9.11の瓦礫

4F: ホロコースト

で、出色はホロコースト

これも統計だけでなく、個人の記録や証言、証拠物品、精巧なレプリカ。ゲッペルスの演説の動画、アウシュビッツの写真と真っ白なジオラマ、列車が着いてからガス室まで。

情け容赦なく、死体まで含めて、事実だからしょうがないよねと映し出す。

 

流石にここまではホロコーストのことを知らなかったので、かなりショックでした。

4Fだけ写真は禁止なのですが、禁止でなくても撮れない撮りたくないでも目は離せないと言う沈鬱な事実の列挙。

 

キューレーターは、大人、なんだと思う。

いろんな見方があることを許容する。批判があったことも書く。逆にそれが、複数の視点を生み、物事を立体的に見せる。反論も書くことで、持論はそれよりも強いことをさりげなく見せる。謙虚に見せた自信。事実に語らせる容赦なさ。

この勁さが、世界帝国を生んだのかな、と戦争だけでなく物事の語り方の勉強をさせてもらった感じ。

 

前にも書いたTate Modern (今回は行けなかった)でもそうだけど、イギリスの博物館のキューレーションは半端ないです。おれは俺の考えでこう補助線を引いてみたぜ、どや、俺の意図がわかるか? と挑戦させられる感じが、すごくいい。観覧者との戦いっぽくて。

 

蛇足

フランスのアンバリッド内にある軍事博物館的な武器や鎧を見たいなら、ロンドン塔のロイヤル・アーマリーズにいくのが良いみたい。

料金は、ロンドン塔入場券に含まれる。

royalarmouries.org

 

あれ、パリの軍事博物館のBlog書いた気になって書いていないな。

ホーム | Musée de l'Armée

↑ 日本語版

 

L'hôtel des Invalides オテル デ ザンヴァリッド*1内にある、軍事博物館。

だいたい12世紀から現代までカバー。圧巻は0Fの武器、鎧の展示。

f:id:nimben:20111030222118j:plain

フルアーマー

私が訪れたのは2011年で、この時は改装中で縮小運転だったんですよね。それでも上記のような鎧や武具(なぜか日本の鎧もあった)が陳列されていました。

上階には太陽王ルイ14世フランス革命ナポレオン戦争、世界大戦、そしてシャルル・ド・ゴールなどなど。

今は、Webも改装されてわかりやすくなっていますね。

お隣のドーム協会にはナポレオン一世のお墓もありますので、歴史好きの人は訪れてみるのオススメです。

 

 

*1:しかしカタカナ表記は辛いな。発音に忠実ならロテルデザンバリッドと一息で書かないと厳しいし、意味で分けると、ロテル・デ・アンヴァリッドと書きたいが、発音的にザンヴァリッドになるので、ロテル・デザンヴァリッドとなって意味が外れる。オテル デ ザンヴァリッドは妥協の産物なんでしょうね

Adam McKay 『バイス / Vice』2018米

題名を、悪徳のViceと、副大統領のVice PresidentをかけたVICEにしたことと、クリスチャン・ベイルの演技はよかった。

ベイルって、議員になったばかりの三下的な感じと、息子ブッシュから事実上の全面委任を受ける時の悪い表情が、本当に同一人物が演じているのかという感じ。 


🎥 VICE (2018) | Full Movie Trailer | Full HD | 1080p

 

『マネー・ショート / The Big Short』でクリスチャン・ベイル/Christian Baleと組んだアダム・マッケイ監督が、コンビ再び。

シリアスなディック・チェイニー元副大統領批判の映画なのかと思ったら、悪ふざけ映画ですね。おふざけなんで、許してちょーだい、ということなの? チェイニーが存命だから? 監督の意図が汲めなかった。

チェイニーの悪徳を暴くというなら、もっとそのように。その時の人々を誇張して笑いのめすならそのようにすればよかったのに。

うーん、よくわからない映画でした。

 

ちなみに、チェイニーがCEOを勤めていたのは、石油掘削サービス会社のハリバートン社(Halliburton Energy Services)。ハリバートンとは言っても、カバンのゼロハリバートンとは無関係。