cafe de nimben

見たものと、読んだもの

Macの買い替えとKindle for Mac

Macを買い替えた。

Mac購入理由

いろいろなアプリの起動や動作が遅いのが、かなり気になってきたので。特にOffice 365は起動までに数分かかるため、実用の域を超えてしまった。

iMacは late 2015 版だったので、流石にお疲れ様、というところ。

あと、買うなら早く買わないと、為替レートの関係でいつ値上がるかわからないというのもある。

なお、Windows機に買い替えないのは、移行の容易さから。

購入にあたっての条件は、二つ。

Intel版でないMacであること (Intel版が、かつてのPowerPC版と同じようにサポートされなくなるのは目に見えているので)

27インチないし相当のディスプレイをつけられることが条件だった。(老眼なので)

フォームファクタ

27インチ版がないので、iMacは排除。

Note系は、自宅用で持ち運ぶことを想定しないので、排除。

となると、選択肢は、Mac MiniMac Studio という二択。

CPU: M1 vs M1 Max vs M1 Ultra

CPUは、Mac Mini がM1、Studioが M1 Max/M1 UltraというM1系列である。映像をガンガンオーサリングするのであれば、M1 Ultra (ないし、NoteにしてM2)という選択肢が妥当だが、そこまですることはないので、それはオーバースペック。となると、Mac Mini vs Studio (M1 Max) の比較になる。

メモリ: Mac Mini vs Studio

Mac Mini は基本的にはメモリが Unified Memory 8GB なので、当面は問題ないにしろ、今後困る可能性がある。(Win/Mac いずれも、メモリは基本的にはあればあるだけ良い)

将来も見越して、Mac Studio M1 Max 32GB Unified Memory にすることにした。

購入とトレードイン

購入は、Appleの公式ページから。

今回は、初めて、Trade-inをしてみた。

購入するときに、シリアル番号など必要な情報を入れると、だいたいのTrade-in価格が提示される。それでよければ、申し込む。

購入した新品が到着後、メールが来るので、そこに書いてある手順で、引き取り日を調整する。(一定以上より遅くなると Trade-in 対象外になるのでご注意。とはいえ、リマインダーメールが山ほどくるので、忘れることはないと思う)

ヤマトさんが取りに来るが、専用のバッグで引き取られるので、購入時のオリジナルの段ボール箱は不要。昔はオリジナルの段ボールがないと修理も受け付けてくれないなどなどあったと聞くが、だいぶ改善されているようだ。

引き取られて一週間ほどで受け取った実機を見て大体の価格がメールで提示される。その後、apple gift card 扱いでもらえるはずだが、さて、どうなるか。

なお、Trade-in 不可の古いものは、リサイクル対象としてアップル公式の別の業者と調整するみたい。

データの移行は、楽ちん。

iMacMac OS 12 Monterey にアップグレード。Time Machine にて、一晩かけてデータを移行。おしまい。

この楽さは本当に良い。 

Kindle for Mac

Rosettaという、Intel Mac 用のミドルウェアをかまさないと動作しない模様。

MシリーズネイティブのAppは、MシリーズCPUが出てから時間が経つのに、リリースされていないことがわかった。

Intel Mac でない以上、動作を遅くする可能性のあるアプリを入れる必然性を感じないので、ブラウザ版で運用する。

文字の本は、Kindle paperwhite で読み、Macではコミックと雑誌が読めれば良いと割り切ることになる。

Kindle for Mac をアップグレードするつもりがないなら、文字の本もブラウザで読めるようになってほしいなあと切望する。

魚豊『ひゃくえむ』(全5巻)

ひゃくえむ = 100m

陸上競技の100m走の話。

 

舞台は100m走の話だが、自分の尊厳とどう向き合うか、という話。

そういう意味では、『チ。』とも通じるものがある。

 

nimben.hatenablog.com

 

オノ・ナツメ『BADON』(既刊5巻)

ACCA13区監察課』の世界で、時系列はちょっと後の話。

ラスベガス的な自治区であるヤッカラの刑務所に収監されていた囚人四人が、刑期を終えて出てきて、首都BADONでタバコ屋を始める。

 

 

悪事はもうしないことを決めるも、その影もチラつく。前科者としての十字架も背負いながら、前を向いて生きていく。

これは、典型的に穴に落ちた人が這い上がる話。キャラクターたちは犯罪者だったとはいえ、それぞれに理由がある。それぞれに愚かしい。しかし、それは人間の弱さだと思える(フィクションだから)

卑屈にならず、開き直りもせず、前を向いて歩く姿が大人の話だな、と感じる。

あとで気づいたのだが、オノ・ナツメの好きなところ、スーツ男性がかっこいいところ。スーツを描くのは実は結構難しいと思うのだけど、胸板の厚い・薄い人の描きわけなどキレイにできていて、違和感がない。

 

オノ・ナツメ『ACCA13区監察課』(全6巻)

「もらいタバコのジーン」が、タバコをもらうことで転がる物語。

ドーワー王国は13の自治区で構成されており、それぞれがかなり異なるキャラクターを持つ。これを統一的に束ねる官僚組織がACCA。ACCAは平和の象徴の赤い鳥。各自治区支部を監察するのが、監察課。このため、13区全ての自治区支部を持ち、抜き打ちで監査をする。そこの副課長が「もらいタバコのジーン」。

 

オノ・ナツメの良さは、説明セリフが少ないところ。いわゆるネームを話しているのではなく、必然性があってキャラクターがお話をする。そして、そのため、その人にとって当然のことは言葉にしない、あるいは誤解していれば誤解したまま話す。真実の吐露になることもあるし、信用できない話し手にもなるので、いい意味で気が抜けない。

もう一つは群像劇であること。独り言に近いような、あるいは神の視点のナレーションがないということは、必然があるキャラクター同士が話すのが大事。このため、魅力的なキャラクターが複数いないといけないのだが、ここを当たり前のように進めるのが素晴らしい。

読み終わった後に、また最初から読むと気持ち良い。

タバコはもう吸わないのだけど、気持ちよく吸いたくなるねぇ。

 

 

アベツカサ/山田鐘人『葬送のフリーレン』(8巻。続刊中)

文章としてはとても明瞭なのに、意味が全く取れない、ということを経験したことはないだろうか?

 

第一巻からは、1000年以上生きるエルフと100年も生きない人間との寿命の差がもたらす(ディス)コミュニケーションが描かれている。

それはもちろん、種族の差だけではなく、キャラクターの性格の差でもあるのだが、この8巻では、神話の時代から生き続けるエルフで、大魔法使いであるゼーリエとの話で、一旦このトピックは終わるように見える。

 

それに加えて、魔族と人間との(ディス)コミュニケーションとしても描き始めている。

魔族とは同じ言葉を喋っているように感じても、分かり合えないということは、二巻の第14話で、すでに記述がある。

フリーレンが

お前達魔族は人の声真似をするだけの、言葉の通じない猛獣だ。

と言っていて、そしてそれが残念ながら正しいことが描かれている。

ここら辺は、ギリギリを攻めていくなあ。

害意や悪意があるかどうかがわからないが、言葉を話す魔族に対して、予防的先制攻撃を仕掛けることは是とされるのか、というのは、すごく難しい問いだと思うので。

次巻ないし次々巻でこの件、決着をつけるのかもしれないが、ハラハラしながら楽しみたい。