(antipasto-1) LEGOワークショップ

2009年3月27日に行われた『学びと創造の場としてのカフェ』に参加した。
http://www.nakahara-lab.net/blog/2009/03/post_1469.html

antipastoは、LEGOをつかっての工作。

参加者のおよそ半分くらいの方が実際にLEGOをくみたてていた。
これは、ロール紙が足りなかったからおこった不測の事態ではある。

別にLEGOをつかわなくてもよいのだろうけど、言葉でも絵でもなく、物をくみたてることから始める、ということに意味があったのかもしれない。

http://www.youtube.com/watch?v=kuA_yz7aTo0

"Back of the Napkin" の作者 Dan Roam は、上記YouTubeのなかで、こうふれている。

「小学生に『絵をかけますか』と訊ねると、クラスのみんなが手を挙げる。『字は読めますか』と訊ねると、2-3人しか手を挙げない。
しかし、高校生に同じコトを問うと、正反対になる」

『絵を描いて』『文字を書いて』となると、コンパクトにまとまった「何か」というものをつくってくれ、というのは、やりにくいのだろうな、とおもった。

LEGOなら、精密にはつくれない分、適当でいいや、という考えができる。
ので、考えを表明する方法としては、敷居がさがってくるのではないか?

そのあとで、お互いに「自分のLEGOは何を表しているのか」を簡潔に答えるというセッションにはいる。

他人がつくったのをみるとおもしろい。

自分のものは時間が「つながっている」感をだしたかったので、起きてから寝るまで物理的にLEGOがつながっているものにした。

しかし、イベントだけを切り取る発想で、別々に固まりがおいてあったりする。

おそらく、LEGOの色でそのときの感情を表すというのは、各人共通だったとはおもうのだが、それ以外はまったく違う発想でおもしろかった。

この "antipasto" の提案者である、上田先生は、「一度カタチに落とすことで、思い出しやすくなり、どんどん話せるようになるでしょ」とおっしゃっていた。

一旦、自分の中を掘って、それをLEGOの固まりというカタチに落として、それを誰かに説明をする、というのは、

課題(外) → 思考(内) → 製作(内&外) → 発表(外)

という自分の内と外をいったりきたりするので、いい意味でふりまわされ、目の前のことに集中できるとおもった。