読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BD vs CATV

CATV(J:COM)のHD映像 vs BDディスクのHD映像の見比べ。

CODECはどちらもH.264/MPEG4だし、同じパネルでみているので、CATVの回線帯域 + STBエンコーダー vs BDの回転とエンコーダーの戦い。

結論からいえば、BDの勝ち。

CATVは、通信帯域の問題か、エンコーダの問題か、ブロックノイズがかかることがあるから。

BDは、コピー禁止だし、特に最初の読み込みに時間がかかるので、取扱がしやすいとは言えないが、当然ながらブロックノイズが出ることはない。

ブロックノイズは、とても興をそぐ。

逆に、それ以外では、差がよくわからなかった。
1080i vs 1080p の差は、感じなかった。

240Hzだから?
40インチという1080としては小さな画面サイズのせい?
内蔵アップスケーラーのおかげか?

使い分けとしては、好みのHD映画は、BDを買うか借りる。
テレビ番組など、一度観ればOKのものは、値段と応相談で、VoDなり、STBに録画するなりして観る。

さて、そうなると、Apple TV が気になるところではあるが。

レンタルできるのは便利だけど、720pだし、BDを借りたり、CATVのSTBで、今は十分かな。
Apple TV なりのスペシャルコンテンツがあれば、考える。
でも、初期費用8,800円を超える良さを提供してくれるのだろうかね?
たとえば、一度AppleTV内にレンタルデータをため込んで、1080p、期間限定(期間は値段との案配)で観られるなら、いいかもね。これだと、ストリーミングによる回線不具合に対処できるから、ブロックノイズもなさそうだしさ。

ついでに、スレートPCでも通常のPCでもHDパネルででも見放題というデジタルデータならではということをしてくれると、未来的でいいんだけど。