cafe de nimben

見たものと、読んだもの

お伊勢参り2019/ 外宮へ

旧暦としても年度が改まったので、お伊勢さんへ。

いつもはバスツアーで0泊1日の弾丸ツアーなのだが、今回はゆったり昼に電車移動。

 

移動

電車

名古屋まで新幹線。名古屋で近鉄特急。「しまかぜ」までデラックスではないが、「伊勢志摩ライナー」にて。サロンカー、座席ゆったりで快適でした。

近鉄伊勢市駅で降りる。外宮方面へは、長い陸橋を渡って、JR伊勢市駅に回る。

近鉄の方が速いのと、座席指定ができるという意味で、電車移動は楽。唯一贅沢気分になれないのは、この移動かな。それ以外は贅沢できるのでオススメ。

JRで、名古屋から「快速みえ」を利用する良さは、降りるときの楽さ、運賃の安さですかね。カジュアルに行くならこっちかも。 

駅から外宮は徒歩推奨

伊勢市駅から参道を通って、外宮へ。参道沿いはお店が色々並んでいるのが楽しい。石畳も凸凹せずに敷き詰められていて、バリアフリー。これだと車椅子の方も安心ですね。5分ほどで外宮につきます。よっぽど荷物が多くなければ、バスやタクシーよりも徒歩推奨。

www.google.co.jp

ランチはうなぎにしてみた

外宮に入る前に、うなぎが食べたくて、「喜多や」へ。

unagi-kitaya.co.jp

こじんまりした店構え。一軒家のお店で、一階二階とも座席あり。

うなぎ丼、うな重と蒲焼ご飯という三種類というのが基本メニュー。

共通点は価格。基本的にうなぎの量で価格が決まります。ご飯500円+うなぎ一切れ@500円(税抜)目安。

相違点は、ご飯と、うなぎの載せ方。

  • うなぎ丼(伊勢まぶし)は、お米にタレがまぶしてあるというか、タレご飯に、うなぎが載る。
  • うな重は、白飯の上にうなぎが載る。タレ別途。
  • 蒲焼ご飯は、白飯とうなぎが別盛り。

f:id:nimben:20190219130039j:plain

伊勢まぶし(ご飯がたれで茶色い)

せっかくなので伊勢まぶしでいただきました。しょっぱいのが苦手なら、うな重にした方がいいかも。そう、江戸前のほど、タレは甘くなかった。

うなぎは、中はふんわり、外は名古屋風とまではいかないけど、カリっと。

ビールが欲しくなったけど、これから参拝なので我慢。

その代わり、うざくで口の中はさっぱり。

f:id:nimben:20190219125911j:plain

肝焼きとうざく

しかし食べ過ぎw

 

しっとり雨の外宮

傘をさした方がいいか悪いか、というくらい絶妙な雨加減。

原生林がもつこの空気感は、外宮内宮問わず、唯一無二で心洗われる。

手水舎、火除橋、正宮(豊受大神の和御霊)、亀石、多賀宮(荒御魂)、風宮、土宮の順でお参り。せんぐう館がまだ復活していなかったのは残念。

 

鳥居も、式年遷宮から6年経つとだいぶ風格が。

f:id:nimben:20190219133032j:plain

 

雨のおかげで、木々などにある苔が生き生きしている。みてて嬉しい。

f:id:nimben:20190219133806j:plain

雨にけぶる、外宮正宮。

f:id:nimben:20190219133502j:plain

お約束の、風宮の側のハートの石垣

f:id:nimben:20190219135938j:plain

天気予報が雨だったので失敗したかと思いきや、雨だからこそ堪能できてよかったです。