歩くのを意識すると、どうなるの?

土曜日に受けた整体のお陰で、ぎっくり腰の恐怖から解放された。
そうすると、「正しい」歩き方とはなんだろうと、考える余裕がでてくる。
「正しい」というのは、腰痛予防にきく歩き方のことね。

力が入っていない状態で、まっすぐに立つ、というのは案外むずかしい。
けっこう、肩があがっていたり、猫背になっていたりするものだ。

歩くのは、立つよりも楽。
進むベクトルが決まっているから。

今日は、歩き出すときに、どう意識して足をだすかを考えていた。
意識的な「足の付け根」をどこと考えるか、ということ。

今日は、首の付け根を足の付け根と考える、という歩き方をしてみた。
けっこう快適。

自然と視線もまっすぐになって、よかったです。

ちょっと、この歩き方を試してみようとおもいます。