cafe de nimben

見たものと、読んだもの

ドゥニ・ヴィルヌーヴ『ブレードランナー 2049』2017米国

何よりも目に美しい映画だった。

昔のハリウッド映画の様な、どのシーンを一時停止にしてもスチル写真として販売できる様な、解像度、構図、色、被写界深度

www.youtube.com

前作である『ブレードランナー』の世界観を丁寧に表す設定と音楽。

レプリカントにしか見えない、ライアン・ゴズリングデイヴ・バウティスタ

その中で一人「人」としての存在感を示す、ハリソン・フォード

たまたま、ライアン祭りになってしまって、『ララランド』とほぼ同時に見たのだが、ライアンはカメレオン系ではなく、ライアンという役割を行うのがうまい役者なんだな、きっと。こういう垢抜けたハンサムな役者は、監督によって、コメディにもシリアスにも使えそうでいい感じだ。

個人的にはデイヴが面白かった。いや、私にとってはWWEバティスタなんだけど、あの「アニマル」がこういう演技をすることができるというのが衝撃的で。

(『ガーディアンオブギャラクシー』は未見)

他は、『攻殻機動隊』的な引用もあり、綺麗な、綺麗な作品だった。

よく考えたら、ブレードランナーで描かれた湿り気とメガロポリスのLAとは違うのに、直系後継作品と思えるのだから、デザインの換骨奪胎がうまいんだろうなあ。

 

欠点?

ある意味、世界観に忠実すぎて破綻がないところが、欠点か。

いや、スマホがないのは「この世界にスティーブ・ジョブズがいなかったから」というウイットに富んだ答えもいいんだけど、それだけオリジナルの『ブレードランナー』が、今までの映画の世界観を壊した衝撃が大きかったのだろうなあ。今『七人の侍』をみて、ありきたりだと思ってしまう様な。

脚本というか、謎については、正直よくわからない。

前回は、生きるとは何かを、アンドロイド/レプリカントが生きることを定義しようとすることで、ブーメランの様に人間は何をしたら生きるということになるのかという命題をぶつけてきたのだと思う。

今回は、アンドロイド/レプリカントの生殖とは何かを命題とし、そうすることで人とは別れて生きていきたいアンドロイドを描くのだが、正直、生殖して生きていきたいというならば、そうしたい渇望の描き方が淡々としすぎな様な気がする。

キャラクターの中で、生きていたいという欲を出しているレプリカントは、デッカードの様な気がする。

人がレプリカントの安定化のために擬似記憶を植え付けるのは良い。だが、人間が小賢しくレプリカントを静かにさせるものだったのだが、逆にレプリカントの生への渇望の大元になってしまうという皮肉にならないのかなあ。リバイバル版の『猿の惑星』の様に、俺たちは俺たちで生きて生きたいのだ、という強い思いを見せるには、弱い様な気がする。

という意味で、物語の構造としては、あんまり強い喜びは感じなかった。

ここら辺がお好きな方には、手塚治虫火の鳥』を強くお勧めしたい。

 

早見和真『イノセント・デイズ』新潮文庫2017(底本2014新潮社)

「整形シンデレラの殺人」は冤罪ではないのか? しかし、「犯人」は無実の声を上げない。なぜ?

"Why Done It" に繋がる出来事を、章によって異なる主人公を通じて描写する、少しトリッキーな物語。

誰の何に感情移入するかによって、読後感は大きく変わると思われる。

イノセント・デイズ (新潮文庫)

イノセント・デイズ (新潮文庫)

 

 

ミスリーディングが面白い。しかしそれは「やられた」という爽快感を示すものかというと、なかなか複雑な苦さがある。

話は二部に別れる。

幸乃の生い立ちから事件前夜までを描く、第一部。

判決の後、点として描写された人々が繋がっていく、第二部。

第一部のドライバーは、冤罪事件ではないか、というミステリー。

幸乃の生い立ちを様々な人の目を借りて描く

読者が「彼女は犯人ではなさそうだ」→「真犯人は誰だ」ないし「何か決定的なものが彼女を変えたのか」という予想をし始める時、物語は別の様相を示す。

第二部で、読者と同じように彼女が犯人ではないと信じる人が、当事者として関わり始める。

通常の物語であれば、信じる人ができて、「頭の固い法廷やマスコミ」が認めざるを得ない冤罪の証拠が見つかり、全員ハッピーになって、嬉し涙が滲んで終わる。

そうはいかない。

どう「そうはいかない」かは書かないが、「イノセント・デイス」というのが、誰のどの時期のどういうことにかかっているかを考えながら再読すると、イノセントという言葉の表と裏の意味を考えると、より深く、苦く、振り返りたくない自分の若い日の後悔と共に浮かび上がるかもしれない。

WOWOWのドラマ版もあるようだが、未見。6回で納めるとするとどうやったのか、気になる。

ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか@国立新美術館

ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか|企画展|展覧会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

全体的にいうと、どう変わって来たのか、という変わり方への補助線が少なくて、単純に編年体的な並び方になって来たような気がする。もちろん「記憶のための肖像」(葬式系)→「権力の顔」→「コードとモード」→「アルチンボルト」 

もしかしてヌード展のように、現代美術を持ってこないと「肖像画」をなかなか描ききれないのかもしれない。

nimben.hatenablog.com

 

1. 記憶のための肖像

古代エジプトとか古代ローマとかは、そうね、あるね、という感じなのでここでは触れないが、一番びっくりしたのはこれ。

#21 ブルボン公爵夫人、次いでブーローニュおよびオーヴェルニュ伯爵夫人ジャンヌ・ド・ブルボン=ヴァンドーム (石)

Jeanne de Bourbon-Vendôme / 作者不明

Jeanne de Bourbon-Vendôme

Jeanne de Bourbon-Vendôme | This may be the creepiest sculpt… | Flickr

Attribution-ShareAlike 2.0 Generic

顔は死相、胸にはウジがわき、腹は腸がはみ出るのをなぜ作るんだろうという驚き。

 

2. 権力の顔 / ナポレオンコーナー (来ていないのも含む)

英雄といえばナポレオン。3つも来日。時系列で追うと面白い。

#43 Bonaparte on the Arcole Bridge on 17 November 1796, 1801 / アルコレ橋のボナパルト

Antoine-Jean Gros 001.jpg
By Antoine-Jean Gros - The Yorck Project (2002) 10.000 Meisterwerke der Malerei (DVD-ROM), distributed by DIRECTMEDIA Publishing GmbH. ISBN: 3936122202., Public Domain, Link

1796年のフランス革命戦争で、ナポレオン率いるフランス軍が、神聖ローマ帝国を破るという象徴的なアルコレ橋の戦いの「英雄的」ワンシーン。本当はぐちゃぐちゃだったので、光のあるうちにナポレオンが軍旗を持って橋を渡るなんてできなかったそうだけど。

来てないけど:Napoleon crosses the St. Bernard, by Jacques-Louis David (Berlin), 1800 /『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト

Jacques-Louis David / ジャック=ルイ・ダヴィッド

1800年にアルプスを越えてイタリアに侵攻。

Jacques-Louis David 007.jpg
By Jacques-Louis David - The Yorck Project (2002) 10.000 Meisterwerke der Malerei (DVD-ROM), distributed by DIRECTMEDIA Publishing GmbH. ISBN: 3936122202., Public Domain, Link

どんどん神格化が進んでいく。

来てないけど:ナポレオンの戴冠式

ルーヴルでナポレオンといえばこれ。1804年に行われた戴冠式

Jacques-Louis David 006.jpg
By Jacques-Louis David - The Yorck Project (2002) 10.000 Meisterwerke der Malerei (DVD-ROM), distributed by DIRECTMEDIA Publishing GmbH. ISBN: 3936122202., Public Domain, Link

#44 戴冠式の正装のナポレオン1世の肖像

Anne-Louis Girodet de Roussy-Triosonの工房

Napoleon Groot.jpg
By Marie-Victoire Jaquotot - Unknown, Public Domain, Link

#45 戴冠式の正装のナポレオン1世

Napoléon Ier en costume de Sacre 1813 Marbre

クロード・ラメ / Claude Ramey

Napoleon Ramey Louvre LP456.jpg
By Marie-Lan Nguyen - Own work, Public Domain, Link

白貂のもふもふとか、刺繍のミツバチとか、そういうのまで大理石彫刻されるってすごいなあという小学生並みの感想。アウグストゥスなどの神っぽい。

来てないけど:Napoléon Bonaparte abdicated in Fontainebleau

フォンテーヌブローで退位するナポレオン

作者:Paul Delaroche / ポール・ドラローシュ

英雄すぎないのが素敵。無念と怒りが静かに伝わってくる。

DelarocheNapoleon.jpg
By Paul Delaroche - 2. Museum der bildenden Künste 1. fak09.uni-muenchen.de/Kunstgeschichte, Public Domain, Link

 

この画家は、昨年とっても話題になった「怖い絵展」の「レディー・ジェーン・グレイの処刑」を描いた人でもありますね。 

DelarocheLadyJaneGrey.jpg
By 不明 - Uni München, パブリック・ドメイン, Link

 

この後に、デスマスクもあるのだが、これは「肖像」という美術というよりも、歴史的価値という別のカテゴリーのような気がする。 

3. コードとモード (aka 美人画)

#95 エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人

個人的に、今回の美術展の一番美人さん。この頃って、きっと美人に描いてもらうこと自体が意味あることなんじゃないかと思った。

Élisabeth-Louise Vigée-Le Brun - La comtesse Skavronskaia (1796).JPG
By Sammyday - Own work, Public Domain, Link

 

エピローグ:アルチンボルト

#111 『春 / Spring』(1573)、ルーヴル美術館、パリ

ジュゼッペ・アルチンボルド(Giuseppe Arcimboldo)

Giuseppe Arcimboldo - Spring, 1573.jpg
By ジュゼッペ・アルチンボルド - 不明, パブリック・ドメイン, Link

昨年アルチンボルトが色々来ていたのだけど、見ることができなかったので、なんかリベンジできた感がある。この描き方は面白い。けれど、飛び道具すぎる気がする...

 

『猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言』/ 扶桑社 SPA! BOOKS 2018

面白かった。読後感が何かに似ていると思ったのだが、これ犯罪もののハードボイルド小説だ。

猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言

猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言

 

リモワのスーツケースに100ドル札を詰め込んでみた。クラシック フライトの 44 ℓ には210万ドルが限界だった。入り切らない100ドル札の束がベッドの上を占領している。いくらあるのかを数えるのも面倒だった。

猫組長; 西原 理恵子. 猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言 (SPA!BOOKS) (Kindle Locations 665-667). 株式会社 扶桑社. Kindle Edition.

 

映像が頭の中に出てくる。Vシネの画面の粗さで再生される。ハードボイルドだ。事実と、倦怠と、暴力の匂いがする非日常。

 『アメリカン・ハッスル』から恋愛成分を抜いたような用意周到さとか。

当たり前ながらすでに抜け道が塞がれている手口しか記述されていないのだろうけど、それでも知らないことだらけで面白かった。

この中のネタを組み合わせた映画は見てみたいかな。あんまり日本色がないのでハリウッド映画でもいいような気がする。 

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの @森美術館

間が空いてしまったが、単純に行く機会がなかったからである。

www.mori.art.museum

 

実際に入れるものもあったりと、体験型アトラクションが多くて楽しかった。『レアンドロ・エメリッヒ展』でも『リー・ミンウェイとその関係展』 でもそうだったけど、森美術館って、こういうのが得意なのかもね。

あと、白壁に直接大きな黒い字でお題などが記述してあるのが好き。建築誌によくある、一桁のアラビア数字がゼロから始まるのも楽しい。

情報量がかなり多いので、堪能する場合は数度いかないと無理かもしれない。

また、オールスターゲームっぽく各ジャンルの4番が出てくる感じなので、一本の線を感じとるのは難しいかもしれない。有名建築家目白押しなので、逆に一人当たりの時間は足りないから、ある程度知っていないと流してしまう感じ。

 

01. 可能性としての木造、部分と全体と

f:id:nimben:20180628194331j:plain
作家名/作品名:北川原温《ミラノ国際博覧会2015日本館 木組インフィニティ》

この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています

 

木組は釘を使わずに構造を作る。こう見るとシンメトリックで美しい。

こういう構造の元になる素材と、大建築物の縮小模型とが混在している。

出雲大社1/50の模型、もっと大きく見上げたいところだけれど、それは室内では無理かな。他にもさざえ堂などあって面白い。こういう模型って作るのはたいへんだけど、見てると楽しい。もちろん1/1がいいんだけど、一箇所でキュっと見れるのは貴重。投入堂とか行くのたいへんだしさ。

www.travel.co.jp

施設概要 | 鈴木大拙館

個人的には都市計画部分も含めて、例えば丹下健三の平和資料館と慰霊碑と原爆ドームが一直線に並ぶところ、とか、そういうのもあれば広がるかなという気はしたが。

02. 待庵の原寸大模型

国宝である待庵の原寸大模型は面白かった。本物には入れないが、これには入れるのだ。ウッドチップが敷いてあって踏み心地も良い。

 

千利休作で唯一現存する茶室。

お抹茶は飲む専門なので、特に何流でもないという程度なので、流石にきちんとした茶室に入ったことがない。こういうにじり口から入って、というのは初だったので、とても嬉しい。

(なお、東京の帝国ホテルではそういう茶室があるみたい)

f:id:nimben:20180628200957j:plain

作家名/作品名:《待庵》

この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています

 

暗くて落ち着きます。お抹茶、いただきたいくつろぎの空間。狭いけど暗いので、あんまり気にならない。猫が段ボールに入る時ってこんな気分なのかな。

写真はiPhoneで勝手に増感されていてる。畳にチラシを置いているけど「日本展」の「展」が白飛びして消えているw

昼だともっと明るいと学芸員の方はおっしゃっていました。

f:id:nimben:20180628201149j:plain

作家名/作品名:《待庵》

この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています

 

待庵の中から、六本木ヒルズの窓を抜けて東京夜景を楽しむ。本物だとできない。

f:id:nimben:20180628201214j:plain

作家名/作品名:《待庵》

この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています

03. Power of scale

ウィトルウィウス的人体図から始まる、映像作品。

といっても、二次元スクリーンに、と言うものではない。スクリーンは三面。直角に交わる、壁と壁と床。

そこに4kか8kかで、映像を見せていく。

ネオン管的な発光する線が、中空に仕込んである。

そう。擬似的に家の中なのだ。

身体とその一部の大きさを単位とした採寸をもとに、描かれていく。

 

Cmの寸法付きで内装写真が一つの壁に、おそらく実寸大で投影され、隣の壁と床に、中銀カプセルなら、そこから見える銀座の様子が映される。

中銀カプセルのなかは、初めて見たし、同潤会アパートのなかもそう。

 

04. NISHINOYAMA HOUSE by Kazuyo Sejima

Saanaの妹島さんの京都の長谷さん依頼の集合住宅のインタビュービデオも面白かった。(公開して欲しいですねぇ)

 

西野山プロジェクト

hase-building.co.jp

 

建築家の話は、悪戦苦闘が面白い。

「最初は急かされたが、あとはそうでもなかった」なんて、いい施主ですね。

一体感のある個々の屋根になるように、一家に屋根が三つあり、そのうち二つは隣と共有。こうすることで、10戸が別々に建っているのではなく、一つの大きな家が中で10戸に分かれているのではなく、10日バラバラで一つと言う面白い概念の集合住宅となった。

ちなみに英語字幕の作りがとても良い。

ツイッターでは英語に比べて日本語は言える量が多いとか揶揄されるが、日本語の婉曲表現にかかると、ダイレクトに英語らしい英語になってシンプルで力強くなるというメタモルフォーゼを、見ることができてよかった。もちろん字幕として読ませるためには文字制限が厳しいというのもあるのだけど。

 

内部の映像。妹島らしく透明で明るい。ギャラリーっぽくて生活感はあんまりないですね。

www.youtube.com

施主の長谷さんっておもろいお方ですね。

synodos.jp

 

 

などなど、内容てんこ盛りだったので、機会があればもう一度行きたい。ちょっと予習しよう。